メナージュケリー
メナージュケリーブログ 美クトリアンスナップ menageEXPRESS 「ケセラセラ」 バックナンバー
山村知枝古
主婦。成人した3人の子供達のママ。母、妻として家族とのコミュニケーションを楽しみながら、女性である事を忘れずに、インスピレーションのアンテナでライフスタイルを満喫。週に5~6回のwork outで、ボディメイクを心がけています。
HOME  >  プレミアム読者モデル・ブログ  >  山村知枝古  | 読者ブログ
【2015 12/10】

LA会“ラグジュアリーエイジング)会による
Xmas パーティに参加させていただきました。

image

この会は、名古屋在住の4名の女性が1年半前に
立ち上げ、“美しい女性”となるように意識して
ライフスタイルを作り上げるイベントを開催されてきました。

image

名古屋嬢〜総勢90名(プラスα男性+他府県民)のご参加もあり
盛大に行われました。

image

わたくし、僭越ながら☆乾杯☆の御発声を受けたまわらせて
いただきました*\(^o^)/*

image
(目の前の華やかなみなさまは、目の保養にもなった次第です♡)

そして、Xmasパーティの主催者さまからのみなさまへの
プレゼントとして、サプライズゲストは楽しんごさん
おなじみの「ドドスコスコスコ、、、、」には
笑いが巻き起こりました。
しかし、楽しんごさんはオペラをお習いになっていらっしゃり

image
鳥肌が立つほどに澄んだ声に先ほどまでの笑いは静寂となり
気づけば、聞き入っていました。

image
ご歓談の時間となり、お食事をいただきながら
会話を楽しみました。

さて、この後は、、、、

〜つづく〜

【2015 12/07】

私の“美肌育”(美肌を育てる)に、必要なのは
日焼けをしないように、年中日焼け止めは
欠かさない事。
それと、保湿!保湿!保湿!

乾燥しないように、“ナノスチーム”やパックと
ケアは万全にしていても、この季節はどんどん乾燥しちゃいませんか?
クレンジング+洗顔は当然のように重要アイテムですよね。

その乾燥を回避する優れものを、GETしちゃいました。
それは『Ode クレンジング』

image

『Ode クレンジング』クレンジングジェルは
“メイク落とし、洗顔、毛穴の黒ずみ除去、角質ケア”と
この一本で4役をはたしてくれるのです。
ウォータープルーフのアイラインも、擦らずにフワッと浮かして
“スルッ!”と落ちるから、擦らずお肌に負担もかからないのです。
しかも、お風呂の中でも使用でき、一度で
クレンジングと洗顔ができる優れものなのです☆
水がベースのクレンジングで、“卵殻膜コラーゲン”(保湿成分)により
ハリとツヤ、弾力のある、みずみずしいツルンとした
とても気持ちの良い洗い上がりの感覚です。
ツッパリ感もなく、しっとり〜♡
朝は洗顔としても使用していてメイクのりも良く、
目や口の周りの乾燥しやすいところも潤いキープ!

これは、私のスキンケアアイテムとして手放せない一品になりました。

そして、これもご紹介しちゃいますね*\(^o^)/*

image

スーパーオーディ(美溶液)

これは、『Ode クレンジング』で洗顔したてのお肌に
一番最初にたっぷりつけます。
それから、普段のスキンケアに進むだけ。

この美溶液も卵殻膜エキスを成分とし、ヒアルロン酸
スクワラン(保湿成分)などで仕上げた高保湿美溶液なの^_−☆

お化粧水の浸透もよく、使い始めて一ヶ月位になりますが
毛穴や小じわが目立たなりました。
と言うか、毛穴や小じわがなくなってきた?(((o(*゚▽゚*)o)))
先日の女性ばかりのパーティでは、明らかに私よりも若くて可愛い女子お二人に
「お肌が綺麗!」
「お肌を触らせてください」
と、おっしゃっていただき、触っていただきました。

同性から褒められるってやっぱり嬉しいですよね♡

これは、私個人の感想、意見ですが、参考までにしていただき
皆様の“美肌育”(美肌を育てる)のアイテムに
取り入れてみてはいかがかと思います。

〜追伸〜
クレンジング容器はポンプ式なのです液垂れしなくて、安心タイプ。
Odeクレンジング、super Ode エッセンスは
飛行機の機内の乾燥からもお肌を守ってくれそうだから
私の旅のお供に連れて歩きますo(^_^)o

この季節、好きなんですよね〜☆
街はクリスマスのデコレーションや
夜は、あたたかで静かな光のイルミネーションが
なんとな〜く気分を盛り上げてくれるでしょ?

image

サンタさんは来なくても、ワクワクしちゃいますよね*\(^o^)/*

その、クリスマスモードの銀座をボスとブラブラしながら
“バーニーズ・ニューヨーク”が入っているビルの4階にあります
『ZURRIOLA−スリオラ』さんに、ランチで伺いました。

麻布十番に在る時からのお気に入りのレストランで
銀座に移転後は、まだ、2回目なのです。

お席に通されて、メニューをみながら、お料理を待ちます!

image

右ページの中からメインは2品選べるので、
私は真ダラとイベリコ豚とお伝えしました。

さぁ、スタートです!
image
このお皿もいい感じ!
皿上の丸いのあるでしょ?
これは、はじめてみる“食べ物”w
「一口で食べてください」との事でしたので、

パクッと!

口に入れた感じは、硬い?と思ったのだけど、
噛んでみたら、香り豊かなオリーブオイルがフワっと広がって
その硬い生地とのマリアージュの完成度に驚きでした!
伺うと、「ピザ生地を焼いた中にオリーブオイルが入っている」
との事、これが “アタリ‼︎” 感、満載の 美味しさでした☆
いきなり、これだから、気持ち的に安心感で
まずは満たされて、お料理がスタートしました!

一品目は

image
カンタブリア産アンチョビのコカ
(コカ〜(カタルーニャ語:coca)スペイン東部発祥のパン)
日本で言う惣菜パンのような物らしいです。
下の生地がコカね!その上にアンチョビがいて、ハーブに
透明のシートがトマトのゼリー、ピンクの花びらにキュン♡
アンチョビの塩味が効いて、食欲を増進させました!

image
北寄貝のサルサベルデ、ミントの香り
(サルサベルデ: “サルサはソース” ベルテは緑色、
すりつぶしたイタリアンパセリにアンチョビなどを混ぜてつくる
ソースをさすらしい)
貝類は得意ではないのですが、このホッキ貝は
透明感のある味わいでスルッといただけましたo(^_^)o

image
イカスミのフィデウアとマッシュルーム
(フィデウア: パエリアのお米の代わりにフィデオと
呼ばれる、パスタで作るスペイン料理)
日本の少し歯ごたえのあるそうめんの感じをイメージしました。
フィデウアの上のオレンジ色のものは、“ウニ”
絡めていただきましたが、絶品でした!

メイン1品目は

image
真鱈のピルピルソース、白いんげんとアーティチョーク
(ピルピルはスペインの中でも一番の美食の街と
知られるバスク地方のお料理)
旨味が凝縮された独特のソースがタラとの相性が抜群でした!
もちろん、ソースもいただきましたよ^_−☆

メイン2品目は

image
イベリコ豚のモザイク仕立て、ナスとアプリコットのピューレ
(舌、ホホ、プティファラネグラ)
洗練された盛り付けに、お味は濃厚で重い感じ!
大好物系で、これも完食!

次はデザートかと思いきや、、、
「お腹に余裕がありますか?」と聞かれましたから
内心、「きたきた!」と思いながら
お上品に「はい。」とお答えいたしました。w
すると、例のごとく

image
私の好きな硬さの、リゾットをお出しいただけましたo(^_^)o

それも、まだまだ、お腹に入っていく自分が頼もしいィ〜(((o(*゚▽゚*)o)))

image
トフィー、梨、セルフィーユ

image
小菓子
このお皿は、本多シェフさまが、スペインに
いらした時の海のイメージでしたオーダーされたそうです。
青色がとっても綺麗♡

スリオラは、
ミシュラン☆☆二つ星☆☆を今回も先日獲得されたばかり!

日本の食材で繊細なスペイン料理を堪能させてくださり
毎回、違った感動と感激と出会える、ここ、スリオラさんは、

裏切らないッ!

またしても、すぐにディナーに来たくなるレストランです。
そう思わせてくださるレストランを選んでしまうんですよね!

〜追伸〜
もう一つ感動、感激したことがありました。
それは、お食事が終わり、ティータイムになったところで
私はお化粧室に行くために、お席を離れました。
ささっと!ルージュを直して、お席に戻ろうとした時の事でした。
他のお客様を入り口までお見送りに出られた“本多シェフ”さまは
私に気づいてくださり、「山村さん、ありがとうございます!」
と、お声掛けくださったのです!

これには、びっくり!
「えっ!名前覚えてくださったんだ!」

ミシュラン二つ星シェフさまが、大切なお客様を
丁寧にお見送りされて、横を通り過ぎる私に気付き
自らお声掛けまでもしてくださるって
素直に嬉しいですよね♡

本多シェフさまのお仕事に対する情熱やお人柄を
こんなところにも感じてしまいました*\(^o^)/*

image
そんな、粋な本多シェフさまとパチリッ!

人×人のお仕事ですから、やはり心が通じる事って大切ですよね♡

ダイナース・イベント・大分・テロワール@SUGALABOで
お料理はもちろん、満足させていただきましたが
須賀シェフ率いる“チーム・スガラボ・イケメンs’”
に注目してみました(((o(*゚▽゚*)o)))

image

ラボでの作業中は、エプロンをお付けになっていらっしゃるのですが

その後ろ姿にふと、目が留まりました。
後ろ姿のエプロンの隙間から、ストライプ模様が
“チラッ!チラッ!と見え隠れしていました。
私は気になり、「ストライプ柄のパンツが可愛いですね」と
“チーム・スガラボ・イケメンs’”の方に、お声掛けしてみました。

すると、

「パンツはトゥモローランドでオーダーしたユニホームですo(^_^)o」
と、答えが返ってきました。

しかも、スニーカーまでもみなさんお揃いとの事でした。

厨房のユニホームと言うよりは、テーマパークっぽくて
ますます、可愛い♡

お食事が終わってから
あまりに可愛いユニホームなので、お写真をお願いしたところ
「大分の柚子を手に持って」と、須賀シェフからの指示^_−☆
爽やかな“チーム・スガラボ・イケメンs’”のかたと
パチリッ!

image

もう一枚、厨房にグイグイ入っていき、そこでも

image
パチリッ!

スガラボでは、お料理は素晴らしい!
オープンキッチンの臨場感ある楽しさに
爽やかなイケメンs’にユニホームも拘っていて
まさに、“夢の国”でなく、“夢のレストラン”のイメージでした☆

今回、ダイナース・クラブ・イベントに参加して、
大分県の食材の奥深さとスガラボの、実力と
“スガラボ・イケメンs’”のチームワークに感激いたしました。
ダイナース・クラブ・イベント!期待以上でした♡

今回のダイナース・クラブ主催のイベントは
今、東京でもっとも予約困難なレストランと噂の☆SUGALABO☆

image

テーマが“大分テノワール”!

ナビゲーターには、中村孝則さん。

image

イベント前の9月に、須賀シェフ率いる
チーム・スガラボ・イケメンS’と中村さんで

image

大分の食材(野菜、肉、魚、調味料に至る)を
探しに二泊三日の旅に出られたそうです。
良い食材に出会うために、夕食を4食!食べた秘話なども伺いながらの
ディナーイベント!

その甲斐あって、みて!

image

綺麗な色の野菜たち!

image

肉厚な椎茸

須賀シェフ、お肉の下ごしらえ中

image

調味料やオリーブオイルまでも徹底的なこだわり方。

image

ここまでされると、やはり感激しちゃいますよねo(^_^)o

大分は湯布院の温泉が、頭に浮かびますよね。
これだけの食材が豊富だとは認識不足でしたが
それを知れただけでも、このイベントに参加の
意義はあったと思いました。
野菜は、ネットで取り寄せ可能!
アンテナショップでは、調味料なども手に入と知り、
大分に興味もわき、近くに感じる事が出来ました。

お料理はをアップできませんが、

image

お料理を作ってくださるところは、パチリッ!といたしました!

この日を迎えるまでの、須賀シェフはじめ、みなさまのご苦労が
一品づつに応えていて、じゅうぶんに楽しませていただけました。

毎回、ダイナースイベントは裏切らないわぁ〜

〜つづく〜

Commanderie de Bordeaux a Tokyo
“コマンドリード ボルドー・叙任式&ガラ ディナーが
アンダーズ東京で開催されました。

image

フランスでの出来事がある中、ボルドー本部やグランメートル、
評議員の方々も無事に来日されました。

image

コマンドリード ボルドー東京の会長さまから、
ご挨拶の際にParisでの、痛ましい出来事にもふれ
会場の皆さまとともに、黙祷を捧げました。

会にご参加の皆様と心ひとつになった後は
サプライズゲストのご紹介がありました。

なんと!

世界的バイオリニストの“大谷康子さん”!!!
あの!ストラディバリウスを奏でてくださり
その、情感ある温かな音色に胸に熱いものを感じ
自然と涙が頬をつたわりました。

素晴らしい、“Commanderie de Bordeaux ガラ ディナー”で
友人達とともに、世界平和を願い、ボルドーワインを
こよなく愛する会に感謝の夜を過ごしました。

大切な友人達とともにパチリッ!

image

私が会員となっている
『ラ・シエーヌ・ド・ロティスール』
(素晴らしい料理とワインの真価を認める、
世界中の料理人や美食家からなる、
伝統と格式を持った、国際美食団体であり、騎士団です。
その本部は、フランスにあります。)
の、メンバーとして、ボスと一緒に個人的に
今年も様々なレストランに伺い、美食探訪をしてきました。

12月に入ると、年の瀬も近くなり、
一応主婦の私も忙しくなるので、、、(ほんとです!)
この時期に、今年の“美食納め”をしようと
この日は、京都に向かいました。

京都でお気に入りのレストラン、
“Reine de pres” (レーヌ デ プレ)に伺いました。

image

☆ミシュラン☆一つ星☆を今年も獲得されています。

image

中原シェフ様が、全て手をかけて、
食材を丁寧に大切に扱われ
美味しく食べさせる“技”をとっても感じ伝るのです!

image image

image image

image

image

image

image

image

image

image

image

お写真をご覧になると、お分かりだと思いますが
ソースもバターに頼らずお出汁などで
素材の味を最大限に活かしてくださるのです。

それに、中原シェフ様は、

〜“綺麗な酸味の魔法使い”〜

酸味の香りも味も、強すぎず、“旨味を引き出す技”がお上手なの!
(個人的意見ですo(^_^)o)

一皿ごとの、シェフ様の心のこもった

“美味しい料理をどーぞ!”と
(ここは重要ですね)
言う、気持ちがガンガンにつたわってきます。

image
そんなシェフさまとパチリッ!

ボスも私も、“Reine de pres” (レーヌ デ プレ)で
時間を使って良かったことに満足しながら、また、春前には
伺いたいと帰りには次のことを話していました*\(^o^)/*

京都の“Reine de pres” (レーヌ デ プレ)いいですよ〜♡

フランス ミシュラン 二つ星 “ラメール ブラジィエ”オーナー シェフ
“マチュ ヴィアネ”氏の スペシャリテを頂けるイベントが
神戸ポートピアホテル 31F“Trente Un”(トランテアン)にて
開催されました。

image

この春にも伺いましたが、その時のお料理の印象は
厳選された食材が、マチュの手が加わると
華麗で表情豊かな一皿に仕上げられていて
優雅さも伝わってきたのです。

image

それを再び、味わいたい!と思い、春につづき
今回も参加させていただきました。

そしてまた、素晴らしさを感じました!

たとえば、

image
〜海老のチエドとカラスミ
キャビアにロメインレタスのラビオリを添えて〜

これは、大人の女性に知性美と美しさを付加した様な印象でした。

image

一滴、一滴のソースまで残さず頂きました!

 

チーズは、フランス本店と同じものが揃えてあり

image

見た目にも大迫力ですね☆
チーズ好きの私がチョイスしたのは、

image

エポワス、ラミドゥシャンベンール、
モンドール、ブリドモー、カンタル
弓削牧場のプチたろう
これにハチミツを添えていただきました。

来年の4月に来日が決まっているそうですから
また、伺えるといいなぁ〜と願いました。

image

“ジャネット・ジャクソン”
「Unbreakable・World・tour」日本公演
インデックス大阪につづき、さいたまスーパー・アリーナと
3公演を制覇して来ました^ ^

14年ぶりの来日、7年ぶりの11作目のニュー・アルバム
『Unbreakable』がリリースされ、
ジャネットの完全復活と言っても、過言ではないほどの
待望の公演なのです。

公演の何日も前から、ワクワク♡感は高まり
前日は子供の頃を思い返すような気分。
ん〜〜まさに“遠足の前日状態”です!
(バナナはおやつかどうか?は悩みませんでした^_−☆)

image
きたよ来たよ〜♡

足早に会場に入り、LIVEの音や光を操る、

image
ここ!をパチリッ!

会場にはDJがいて、ガンガンにCLUB MUSICをながしてるから
LIVE会場がCLUBになってすでに熱くなってる感じ!

image

そして、音楽が鳴り止むと

LIVE冒頭から興奮状態はピーク!

image

キャー(((o(*゚▽゚*)o)))

だって、そこに!そこに!

image

ジャネットがいるんですからね☆

新曲と激しいダンスに加え、彼女のキャリアを総括するような
完全なセットリストで、会場全体が熱狂していました*\(^o^)/*
私も叫ぶ!踊る!

時には、レーザービーム!wと小さな爆発*\(^o^)/*
(日本は消防法の規定で火薬の量が少ないから可愛い爆発なの)

image

シューーーーーー!!!って勢いよく立ち昇るミストで
さらに盛り上がりに勢いづいてます!

そして1時間30分のLIVEも終わり、一旦暗転。

すぐにアンコールを呼ぶ、拍手。
そして、真っ暗な会場に少しづつ明かりが灯りはじめました。
なんの灯りだろう???

image

と、会場を見回すと、携帯のLightモードだったのです。
綺麗〜☆

ジャネットへの思いが一つになった瞬間でした。
なんだか、感動♡

鳴り止まぬ拍手と灯りの中、ジャネットが再び現れました!
ジャネットの歌と会場のお約束的な『ハート』をかざし

image

平和と幸せを願いつつ、アンコールの幕は降りました。

LIVEの最後にジャネットから『また、会いましょう♡』
との、コメントがあり、5年後?10年後?
また、会えたらいいなぁ〜♡

image

興奮覚めやらず♡

【2015 11/23】

フィネスに5回以上来店のお客様には、
シェフからのスペシャルメニューが
お出しいただけるのです。

それがこちら

image
ガラスの器がテーブルに運ばれると同時にシェフからの
コメントが、、、、、

「ほんと、すみません!
スペシャルメニューに使うはずの“鰹節”を買い忘れてしまい
代わりにこちらをかけておきました。」←(シェフは京都出身だから関西弁で読んでくださいね☆)
と、謝罪。
image

なになに?と
ふたを開ければそこには、

image
シェフ特製の豚骨ラーメン白トリフのせ!
しかも、蟹ほぐし身もはいっちゃってます!

こんな、演出は嬉しいです!
もっと忘れてください!って思っちゃいますね♡
この時ばかりは、シェフの演出を楽しんではいけません!
なぜなら、麺がのびない美味しいうちにたべたいからです。キッパリ!

これにもこちらの二種類のワインののみ比べ
image
ここまでかなりのんでます。
しかし、なぜかよいは浅めとおもえました。

お次はデセール
image
これは好き♡

ローズのアイス
image image
液体窒素がけで、白いモワモワに包まれました。
“トップテン”状態です(((o(*゚▽゚*)o)))
(おわかりになる方は同じ世代ですね〜)

image image
小菓子とダージリンをいただきました。
あらっ!
アラジンの魔法のランプ♡の様でしたから
思わずティーポットをこすってみたの\(^o^)/*

何も起きるわけがない。。。。。

(やっぱり酔ってるw)

今回も充実した時間をたっぷり楽しませていただけました。

帰り際は、お決まりですがシェフとのツーショット!を
image
パチリッ^_−☆

kelly
ami-net
beauty-career
hairmag
ngc88
opi-rina
odekake
キューピー3分クッキング