メナージュケリー
メナージュケリーブログ 美クトリアンスナップ menageEXPRESS 「ケセラセラ」 バックナンバー
山村知枝古
医療法人 理事。成人した3人の子供達のママ。母、妻として家族とのコミュニケーションを楽しみながら、女性である事を忘れずに、インスピレーションのアンテナでライフスタイルを満喫。週に5~6回のwork outで、ボディメイクを心がけています。
HOME  >  プレミアム読者モデル・ブログ  >  山村知枝古  | 読者ブログ

はるか昔の日本の歴史について記された古事記や日本書紀に、“衣通姫(そとおりひめ)”という絶世の美女の名前が記されています。その名前の由来は、美しさが衣を通して輝いていたから、なのだそうです。

「美しさ」とは、どういうことなのでしょう……?

女性として生まれ、育ってきたからのですから、「美しくありたい」「今よりもっと美しくなりたい」と感じるのは、ごく自然のこと。身につける服やアクセサリーを選びに選び、髪型にもこだわり、メイクも研究し、スキンケアにも意欲を燃やし……。でも、それだけでいいのでしょうか?

例えば、日頃の立ち居振る舞い、ふとした仕草、お話しするときのトーンやその中身、ライフスタイルの創り方、何かを選ぶときのセンス、ものごとの考え方……などなど、女性としての魅力を引き出してくれる要素はたくさんあります。そうしたひとつひとつを磨き、内側からも輝きを放つような女性でいたい。女性としての本当の意味での「美しさ」を自分のものにしたい。私はいつしか、そんなふうに考えるようになりました。

この『衣通姫セミナー』は、そうした “衣通姫” のように内側から輝いていける真の美しさを持った女性を目指していきたいという願いを込めて、昨年、スタートさせていただきました。様々な方にご協力をいただきながら回を重ね、おかげさまでご賛同くださる方も増え、毎回ご好評をいただいています。

そしてこのたび、新たな講師の先生をお迎えすることになりました。

坂巻恵子さまです。

606

坂巻さまのお名前をご存知の方も多いことでしょう。雑誌「an.an」のスタイリストとして活躍された後、香港のCMディレクターと結婚されて移住。当時、雑誌「25ans」に連載された「香港マダム」を、毎月楽しみに読ませていただいたものでした。そして帰国された後も、服飾関係だけでなくライライフスタイル全般のバイヤー、女性誌を中心としたライフスタイルやファッションのコーディネーターとして活動されていて、女性誌やテレビ番組、トークショーなどでご活躍、幅広い世代から支持され続けていらっしゃいます。海外在住の本当のセレブリティとのおつきあいの広さ、深さから海外の動向にも通じていらっしゃり、一世を風靡したパシュミナを日本に紹介されてブームの火付け役にもなられました。坂巻さまのスタイリッシュで女性的なモノの “目利き” ぶりには、いつもワクワクさせていただいてきました。

またプライベートでは、昨年 “大人婚” をなさいました。年下のご主人からの熱烈な愛されぶりは、Facebook などを通じて話題になり、私たち女性にとっての希望の星のような存在でもあります。

今回の『衣通姫セミナー』では、坂巻さまの人やモノを温かく柔らかく見つめる素晴らしい審美眼を通して、日々の暮らしの中で愛する人やモノと大切におつきあいしていく秘訣をご教授いただくだけでなく、坂巻さまの体験をお話しいただくことで、長く深く愛される女性でいるためにはどうあるべきか、上から重ねただけの美しさではなく透明感に溢れる内面からの女性の美しさを得るためにはどうあるべきか、といったことを学んでいきたいと思います。

美しさや女性らしさを追求されている皆様、ぜひぜひ御参加いただき、皆さんの内面にある “自分力” のアップに役立てていただければ幸いです。私達も内側から美しく輝いていくための知識や教養、センスを身につけて、現代の衣通姫を目指しましょう。

講師:坂巻恵子さま(ライフスタイル&ファッション・コーディネーター)

日時:2015年7月30日(木曜日)午前11時受付開始/11時30分スタート
場所:『東京アメリカンクラブ』
東京都港区麻布台2-1-2 tel.03-4588-0307
http://www.amajapan.co.jp/j/map_TAC.pdf
参加費用:1万8000円(ランチ付き)

参加申込方法:ブロクをご覧の皆様は下記問い合わせ先アドレスに、参加される方のお名前、参加人数を送信してください。また締切日までに人数分の参加費用を下記口座までお振込みください。
dap4618@icloud.com(担当・山村 知枝古)

Facebookのイベントページをご覧の皆様は、参加ボタンを押していただき、参加される方のお名前、参加人数を送信してください。また締切日までに人数分の参加費用を下記口座までお振込みください。お振込の完了を持ちまして正式お申し込みとさせていただきます。なお、お振り込み手数料はお客様負担とさせていただきますこと、ご了承願います。

*口座番号:岐阜信用金庫 大垣支店 普通 1057066 ソトオリヒメセミナー
申込締切:7月28日必着
主催:衣通姫プロジェクト
問い合わせ:dap4618@icloud.com(担当・山村 知枝古)

以前こちらで、憧れの坂巻恵子さんにお会いいただき、
緊張しながらも大胆なお願いごとをさせていただいた
というお話をさせていただいたのを覚えてる方もいらっしゃると思います。

皆さま、お待たせしました。
諸般整いまして、いよいよ私が何をお願いしたのかを
お伝えできることになりました。

『衣通姫セミナー 〜坂巻恵子さんを講師にお迎えして』を
開催させていただきます (^.^)

605

詳細は明日のブログ、
そして Facebook のイベントページにて
お知らせさせていただきます。
楽しみにお待ちくださいね (^.^)

『衣通姫セミナー 坂巻恵子さんを講師にお迎えして』は、
まずは東京での開催ですが、名古屋での開催も予定しています。
そちらの日程は決まり次第ご案内させていただきます。

「うちは豆乳屋かいッ! (^o^)」
と、キッチンからボスの大きな関西弁が聞こえてきました。
今、わが家の冷蔵庫には豆乳がビッシリ! と詰まっています。

604_01

2月頃から牛乳をやめて、豆乳に切り替えたのです。
そのきっかけは、何気なく (^^) 購入したことでした。
以前は豆乳にあまりいいイメージを持ってなかったのですが、
豆の独特の匂いもなく、カロリーも控えめ、
とてもいただきやすくなっていて、
プレーンはもちろん、紅茶、麦芽、コーヒー、バナナと
いろんなテイストを味わえたりします。
ちなみに私は紅茶がお気に入り。

豆乳には美容成分がたっぷり入っていて、
脂肪の過酸化をふせぎ、血行を良くする効果もあり、
それが美肌になる秘密と言われています。
また大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きがあるため、
肌荒れ、大人ニキビが出る方には、
ホルモンバランスが整いトラブル回避ができるそうです。
お肌は、洗顔や化粧品だけでは美しくなれないと思います。
腸内環境を整えて体の中からケアすることも、
美肌のためには大切だと思うところもあり。
なので、娘ちゃんと一緒に、豆乳で美肌効果検証中ぅ〜♡

604_02

娘ちゃんも肌荒れがなくなり、お腹の調子も良く、
お化粧ノリもバッチリの毎日です!
私も目の周りやお口の周りの変な乾燥もなくなって、
お肌の内側からふっくらしっとりしている感覚です。
Tゾーンの油浮きもなく、ファンデーションがピタッとはりつく感覚で、
今の季節でもお化粧崩れに悩まなくてすんでいます。

ボスにも勧めてみたところ、
最初はよくわからない頑固さを貫いて飲まなかったのですが、
どこかのタイミングで私たちの知らない時に飲んだらしく(^^;)
それ以来一緒に豆乳を飲むようになりました。
どうやら気に入ったようです。んふふ(^.^)

これまでは2〜3本のストックを置いていたのですが、
家族で飲むのですぐになくなってしまいます。

豆乳は開封前は保存期間が長く、ストックもしやすいのですが、
たくさん購入すると持ち帰るのが重いので、
今では豆乳購入係はボスにお任せしています (^_-)-☆

特に高級なものでなくて良いのです!
ちなみに我が家は “マルサン豆乳”。
キャップが使いやすくなっているところも気に入っています。
どこでも購入可能なので、皆さんも試してみてくださいね (^.^)

追伸:冒頭で「うちは豆乳屋かいッ! (^o^)」と騒いでいたボスは、
冷蔵庫事情を知ったうえでの発言と言うことになりますよね。
ん〜、さすが関西人! です (^.^)

【2015 06/07】

image

2年前の6月7日から “メナージュケリー” のブログを書かせていただき、
今日で2年を迎えました。
はじめまして」のご挨拶からほぼ毎日、日記のように書いてきました。

それまでブログなんて書いたことなかったのですが、
毎日、その日のほんの小さな出来事で感じたことを文字にしてるうちに、
「何て面白いんだろッ!」と気づき、学ばせていただきましたことを、
“メナージュケリー” 様には本当に感謝しています。
↑ここ! 編集長、ご覧になったかな(^o^)?

女性として妻として母として、
インスピレーションのアンテナがいつも “ピコピコ” している私ですが、
日本の歴史や四季の美しさ、芸術、社会情勢……etc。
なんとなく距離があったことにも興味を持つようになり、
知らなかったことは調べて、自分の糧にすることができるようにもなりました。

また、こうして私のブログをたくさんの方に読んでいただけることにも、
感謝と喜びを感じる毎日です。
心よりありがとうございます。

あまり真面目すぎる内容は私には似合わないので、
これからもほんの少し笑いのエッセンスを取り入れながら、
皆さんに「クスッ(^^)」としていただけるよう、
私自身も楽しみながら続けていきたいと思います。
どうぞこれからも “山村知枝古ブログ” をよろしくお願いいたします。

追伸:ちなみに何かと毎号、特集などにのせていただいてますので、
書店で手にとってご覧いただくか、または Amazon などで、
よかったら……。違う!
ぜひ! “メナージュケリー”をご購入いただきたいと思います。
素敵な名古屋女性が、ファッション、ライフスタイル、
美味しいお店などをご紹介していますので、
お楽しみいただけると思います(^o^)

記念日は、大きな窓に囲まれた個室でのお食事。

image

名古屋の夜景が果てしなく静かに広がり、
雰囲気を盛り上げてくれていました。
主役の私たちのテーブルはスポットライトで照らされて、
浮かび上がっているようにも見えました。

お席にエスコートされて、すぐ! 目にとまったものがありました。
普通はテーブルのお花がきれい〜♡ とかになるんでしょうね (^^)
もちろんお花も、珍しいピンクグレーに少しグリーンが入った素敵な薔薇でしたよ。
でも、好奇心旺盛の何でも興味津々な私には、あれ! が真っ先に映ったのでした!

実は最初のお写真にも写り込んでいるのです!
お分かりになりましたか?

image

ほら *\(^o^)/*
優しいフォルムのカエルちゃん!

お席に着くなり、私は手にとって、
「梅雨の季節を意味してカエルを置いてあるのですか?」とお訊ねしました。
すると「オーベルジュ・リル名古屋がオープンする記念に、
フランスのジャン・ルイ・コケーに特別に焼いてもらったカエルなんです」……。
そのカエルの意味は、またお客様に帰ってきてもらえるように、
という想いを込めてもあるそうです。

ジャン・ルイ・コケーの食器は私も好き♡

というか、確かに、私もここには何度も帰ってきています。
衣通姫セミナーも、何度もこちらで開催させていただいていますから、
このカエルはご利益がありそうですね (^^)

お話をうかがっているときにも、
ちょこんと佇むテーブルのカエルちゃんがあまりにも可愛いから、
やっぱりッ!!

image

カエルちゃんとのツーショット自撮り、しちゃいました。
これはある意味記念写真ですよね *\(^o^)/*

もし「オーベルジュ・ド・リル名古屋」に行かれる機会がありましたら、
カエルちゃん、見てきて下さいね (^_-)-☆

【2015 06/05】

今年で結婚26年目の、ボスと私。
お付き合いはじめてから32年の私たち♡

一緒に大人として成長してきた私たち。
親兄弟よりも、すでに一緒にいる時間は長いのです。
お互い食いしん坊のため、2人でお食事に出かけたり、
旅行にも一緒にあちらこちらへとお出かけしたり、
楽しい雰囲気が大好きでテーマパークにも今だに一緒に出かけたり (^^)
笑ったり、驚いたり、もちろん喧嘩もいっぱいするけど、
何でも話せて、そして私の話を聞いてくれて、いちばん居心地が良いのです。

私の至らないとこも、それをすべて包んでくれて、
知り合った時から変わらず、
私はずっとボスのこと、大好き♡ なんです。
今日のこの日を2人揃ってまた迎えられたことにお互いに感謝をして、
2人で記念日をお祝いしました。

image

昨年銀婚式だったので、金婚式を目指してお互い健康に暮らそうね
……って、現実的な話で盛り上がっちゃいました *\(^o^)/*

【2015 06/04】

夏のように暑い日は、夕涼みがてら、
ボスと娘ちゃんとふらっとお散歩。

学校のことだったり、
ショッピングに行って何を買ったというお話だったり、
今、女子に人気のスリッパみたいな履物の話だったり…… (^.^)

何気ない日常の、そんな会話をしていたら、
少し前を歩くボスに飛びかかるように、
娘ちゃん、ピョンとくっついて行きました *\(^o^)/*

599

ボスは「なんやねん」って驚きながらも、
声はめちゃめちゃ嬉しそう♡

娘ちゃんはそれから、ボスの首に手を回しながら、
しばらくの間、ボスと並んで歩いていました。
そんなふたりの後ろ姿、とても微笑ましく感じたりして……(^^)

娘ちゃん、いつまでこうして
ボスにくっついてくれるんだろうなぁ〜。

La FinS” ではお料理に合わせてワインのペアリングメニューがあり、
シェフがワインをチョイスしてくださいます。
私はいつも、それをお願いします。

……なぜか?

お料理の作り手であるシェフが選ばれるもの、
それも12年フランスにいらしてワインに精通されている方です。
お任せした方が間違いがないのです (^.^)

しかもお料理1品を2本のワインを飲みくらべしながら楽しめるのです。
これも普段はなかなかできないこと。
今回もとってもリラックスした気分で美味しいお料理とワインを楽しませていただきました。

本当はお料理とワインを一緒にブロクでご紹介したいのですが、
お料理とワインのたくさんのお写真では長くなっちゃいますから、
それぞれ別にこうしてご紹介させていただきますね (^.^)

まずは、カウンターでシャンパンから。

598_01

そしてワインを。

598_02 598_03 598_04
598_05 598_06

ここまでで、13品をいただきました。
さらに締め。

598_07

甘くて、でもスッキリ♡
グラスも女性らしい印象で、気に入っちゃいました。
なので、このグラスと一緒にパチリッ (^_-)-☆

598_08

あっ! いっしーくんも写り込んじゃった *\(^o^)/*

La FinS” には毎回とっても期待しながらうかがうのですが、
シェフは期待以上の、それも想像を超えるお料理を、
「どやッ *\(^o^)/*」(関西弁で言うとどんな感じ)と披露してくださいます。
今回ももちろんそうで、またまた私たち、虜にさせられてしまいました。

先ずはメニューから。

597_01

食材だけが記載されています。
お料理についてなのですが、
天才の作られる素晴らしいお料理へのコメントを書くなんておこがましくて、
私にはとてもできませぬ。

なので、素晴らしいお料理をお写真でご紹介 (^.^)

597_02 597_03
597_04 597_05

お写真だけでも素晴らしいことわかるでしょう?
美味しィものをいただいて、
ん〜o(^_^)o って、何回うなったことか!

597_06 597_07

これは高坂鶏!
シェフは日本一美味しい鶏と自信満々におっしゃっていました。
ん〜o(^_^)o やっぱりうなっちゃいました (^o^)

そして、今夜もメニューにはないスペシャルが……!

597_08

えー! フレンチなのに鯛めし?
でも、シェフのことだからこのまま食べさせたりはないはず!

597_09

と思ったら、予想外でした。
先ずはこのまま食べて見て下さい……と。
……鯛めしを?

ん〜、アルデンテ。鯛の油がお米に絡んで甘い!
芳ばしく焼かれた鯛皮と身の新鮮さが、くちいっぱいに広がりました。
これで終わりかと思いきや、なんと!

597_10

先ほどの鯛をほぐしたものを炊き上げたお米の上にのせ、
三つ葉、キュウリとともにゆずの香りをほのかにあしらい、
鳥の濃厚なお出汁でいただく、贅沢な『冷や飯』。
しかもフレンチになってる!

蒸し暑い日にピッタリで、サッパリといただけました。
こんな贅沢な冷や飯……シェフ最高ぉ〜 \(^O^)/

そして、ここで佐藤 錦さん♡

597_11

ここにいらしたので、摘まんじゃったわけです (^.^)

最後はマンゴーとショコラのアイス。

597_12

この日も “攻めの杉本シェフ” だからこそなし得る技! に
満タンに満たされました。
杉本シェフいわく、「お料理は絵画や音楽と同じで、感動を与えられるもの」。
聞いていて納得しました。

しかもシェフは、とっても楽しそうにお料理をお出しくださいます。

なんでもそうですが、お料理もテーブルにお出しいただくまでに、たくさんの方の想いや苦労が積み重なるもの。
シェフもその中のおひとりです。
当たり前のことですが、ちゃんと私、「いただきます」と感謝の言葉はのべています (^^)

絵画や音楽、芸術と同じで、
感動を与えられるって素晴らしいことですね。

久しぶりに “天才”( La Fins の杉本シェフ)に会いにうかがいました。
カウンターに通され、シンボルのような赤く輝く硬い! メニュー
(硬いのは剛版? でできていて、とっても美しく輝いているのです)。

596_01

このメニューを見た瞬間、
これからはじまる3時間を「誰にも邪魔されず、楽しもうっと」と
私のスイッチが OFF になってリラックスモードに入るのです。
それと同時に、天才シェフは相反するようにスイッチが ON に!!
……と、これは私のあくまで想像 (^.^)

だってシェフはね、私たちがお料理やワインを楽しむ以上に、
お料理の食材や産地、調理の仕方などを、
とっても楽しそうに丁寧に一品ずつ説明してくださるのです。
本当に楽しそうだから、
美味しいお料理ができあがるはずですよね (^_-)-☆

そしてその素晴らしいお料理ができあがる “秘密” をひとつ!
見つけちゃいました o(^_^)o

見て! シェフの手!! 凄いでしょ?

596_02

神の手ですよね (^^)

596_03

ほら!

596_04

最後はもくもくの煙まで出しちゃってます(≧∇≦)
どうやらこの手が美味しさの “秘密” だと勝手な想像……。

お料理は次のブロクにてご紹介いたしますね (^o^)

kelly
ami-net
beauty-career
hairmag
ngc88
opi-rina
odekake
キューピー3分クッキング