メナージュケリー
メナージュケリーブログ 美クトリアンスナップ menageEXPRESS 「ケセラセラ」 バックナンバー
山村知枝古
医療法人 理事。成人した3人の子供達のママ。母、妻として家族とのコミュニケーションを楽しみながら、女性である事を忘れずに、インスピレーションのアンテナでライフスタイルを満喫。週に5~6回のwork outで、ボディメイクを心がけています。
HOME  >  プレミアム読者モデル・ブログ  >  山村知枝古  | 読者ブログ

私が主宰させていただいている、先日の『衣通姫セミナー』での出来事です。
セミナー会場で、加藤淳子先生も友人も私も、
お互いをパッと見て、「そのドレス、ESCADA ?」って
訊ね合ってしまいました *\(^o^)/*

image

このところの ESCADA のラインは、
デザインとしては堅実な雰囲気を醸し出しながら、
生地、丈感、ボディラインに沿う感じなどは
上品で若すぎず、スタイリッシュさも残しつつ……で、
とても素敵なのです♡
肌見せ感も女性らしくて、いやらしくないの☆

偶然にも『衣通姫セミナー』で、
3人が ESCADA を纏っていたのでした。

セミナーが無事に終わり、会場を出てから、お茶をいただきにベイコートに帰りました。
たあいのない話で盛り上がり、皆さんがお帰りになる時に、
ベイコート・スタッフに記念写真をお願いいたしました (^^)
ポーズはどうのこうのと、しているときに、
淳子先生の「キャンディーズやないで〜(関西弁 ←ここ重要)」の声にさらに盛り上がり、
何枚かパチリッ! としていただきました。

キャンディーズ……ご存知ないお年頃の男子でしたけど…… (^^;;

image

【2015 07/18】

東京開催『衣通姫セミナー』は、おかげさまで今回も盛況でした。
テーマは加藤淳子先生による“マリー・アントワネットに学ぶ女性の美学”、
そしてお楽しみの美味しいランチ、です。

前回に引き続きリクエストにお答えしてのセミナー内容に加え、
マリー・アントワネットにまつわるデザートなどもご用意して、
皆様に楽しんでいただけたことと思っています。

初めてのご参加の方々も、加藤淳子先生のテンポの良いトークで、
“ベルばら” 世代の私たちの憧れ、
マリー・アントワネットの真実のライフスタイル、潔い生き様などを、
垣間見ることができたのではないでしょうか?

ランチタイムではコースのデザートに加え、
マリー・アントワネットが愛したマカロンやクグロフなども
レストランにリクエストしてお出しいただき、
そちらも会場の雰囲気を盛り上げてくれました。

639_01

セミナーで学んだことは日常で活かせるものばかりではありませんが、
知識として知っていることで皆様の自分力アップにのお役に立てることと思っています。

今回ご参加された皆様とパチリッ (^_-)-☆

639_02

追伸:次回の『衣通姫セミナー』は、7月30日(木曜日)。
坂巻恵子さんを講師にお迎えし、
東京・麻布台のアメリカンクラブで開催させていただきます。
詳細はこちら(→ ☆)をご覧になってください。
長く深く愛される女性でいるために私たちはどうあるべきか、
学んでいきたいと思います。

この日の “ラ・フィネス” のメインは、“ブレス鶏” とメニューに書いてあるだけ。
想像力を働かせてもどんなお料理かは思いつかなかったのですが、
杉本シェフがガラスのドームを運んで来てくださいました。

「わぁ〜! なになに?」と中を覗くと、

638_01

あらぁ〜、すご〜い!
黒トリュフが山盛り? ブレス鶏はどこ?

杉本シェフが「器の蓋の中の香りをお楽しみください」とおっしゃいます。

638_02

姫たちが「わぁ〜すご〜い! トリュフの香り!」と歓声をあげると、
それが予想していたとおりの反応だったのでしょうか?

638_03

ふと杉本シェフに目をやると、

638_04

……ニンマリ *\(^o^)/*

お料理もワインのチョイスも素晴らしい! と、
姫たちも楽しんでいらっしゃいました (^^)

杉本シェフ、今回も感動をありがとうございました *\(^o^)/*

【2015 07/16】

私のお気に入りレストラン “ラ・フィネス” へ、
美しく可愛いィ〜美女たちとご一緒にうかがいました (^^)

皆さん、美味しィ〜もの好きだから、
“気に入っていただけたら嬉しいなぁ〜”と思いながら、
お食事が始まる前にまずは乾杯!

っと、その前に(呑むと顔が赤くなっちゃうから)お写真をパチリッ!

637_01

なんだか杉本シェフ、いつになく笑顔か多いなぁ〜(^.^)

637_02

お料理の流れをご説明されながらの満面の笑み \(^O^)/

お料理はまたまた素晴らしく、美女たちもご満悦♡ でした。
でも、それはまた後日。お楽しみにしていてくださいねっ♪

【2015 07/15】

岐阜市の長良川で毎年5月11日〜10月15日にかけて行われている鵜飼を、
何年ぶりだろう? 見に行くチャンスがあり、出かけてきました。

636_01

船の舟首に篝火を焚いた鵜舟に鵜匠が乗り、手綱をさばきながら10〜12羽の鵜を操り、
篝火で暗い川の中の鮎を驚かせ、鵜に次々と鮎を獲らせる漁法です。

長良川の鵜飼は、日本で唯一、皇室御用の鵜飼で、
長良川の鵜匠は職名を “宮内庁式部職鵜匠” といい、
鵜飼用具一式122点は国の重要有形民俗文化財となっているのだそうです。

私たちの乗った船は19時15分頃に岸を離れ、
長良橋の上流付近まで進んで行きました。
屋形船ですが、モーターはついていました☆

636_02

上流まで行くとエンジンを切り、
船頭さんがなが〜い竿でゆっくり定位置まで進めていきます。
背中、なんだか風情がありますよね (^.^)

鵜飼開始の花火が上がると、篝火を焚いた鵜舟が近づいてきました。

636_03

10本から12本の鵜の綱を絡まることなく、見事なさばき具合!
そしてその光景はとても美しかった (^o^)

636_04

1300年の昔から変わることなく、
鵜匠は代々世襲で伝統を守りつづけている、
ということなども学ばせていただきました。

身近な歴史や文化に触れるのも、とてもよい体験ですね。

素敵なパーティに参加させていただきました。
Miss Univers Japan Aichi キックオフ Summer GALA Party。

635_01

日本の各地の代表も参加されて、
エリアエグゼクティブの都筑多佳恵さまのご挨拶で、
ミス・ユニバース愛知大会2016のシーズンが華やかにスタートしました。

635_02

会場はりんくうマリーナで、海辺のリゾートがテーマとなっていました。
未来に羽ばたくイメージでしょうか?
風船が一斉に青い空に解き放たれました。

会場はマリーナとあり、クルーザーにも乗せていただきました。

635_03

沖合まで進むと、こんなショーも見られたり *\(^o^)/*

635_04

なんだかこのジェット噴射みたいなののすご〜い方が、
海上でフワフワとパフォーマンスを繰り広げていました。

635_05

終盤は各地の代表、ファイナリストの方々で集合写真。

635_06

きれい! 眩しい! 華やか〜!

ビューティーキャンプを受けて様々な講師の方の教えをいただき、
人としてとても成長をした1年であったことは、
娘ちゃんはもちろん、家族の私たちも感じています。

そうなんです。1年前のこのキックオフパーティに私は娘ちゃんと参加して、
楽しませていただいたのですが、
同時に娘ちゃんの中の何かが目覚めたみたいで、
ユニバースに出たい! と言うことで、昨年、エントリーさせていただいたのでした。
そして2015年の愛知代表ファイナリストに選ばれ、敢闘賞をいただきました。

ミス・ユニバースとの出合いで、彼女は人として、女性として、
大きな成長をしたと心から実感しています。
一緒に励んだビューティキャンプ。時には折れそうになる心を支えてくれた仲間たち。
多大なサポートをしてくださるスポンサーさま。
そしてどの子も同じように我が子のように大切に対応してくださる、
エリアエグゼクティブの都筑多佳恵さま。

娘ちゃんはもちろん、私たち家族も、
たくさんの方々に支えられているのだと改めて感じた次第です。

「2015の仲間たちと集まるのはこの回が最後かなぁ……」と、
この半年を振り返って思いを巡らす姿が、
少しさみしそうに感じる場面も。

635_07

「素晴らしい機会と素敵な出会いに心から感謝……」と、
ポツリとつぶやく娘ちゃんでした (^.^)

【2015 07/13】

毎回 “ HAJIME ”(ミシュラン2つ星☆) にうかがったときには
次の予約を決めて帰るのですが、その日が静かに訪れました。

大阪での昼間の用事を終え、
私達の “聖地” となる HAJIME に向かいました。
シェフに敬意を示す意味でお着替えをすませ、メイクもお直しして、
ドラマチックな HAJIME World に期待を膨らませながら、
レストランにうかがいました。

こちらは、お料理撮影は一切禁止です。
店内のお写真は、他のお客様が写り込まなければ大丈夫です。
私たちはわりと早い時間に予約をしますから、
パシャパシャ店内を撮っちゃいます *\(^o^)/*

で、いつものお席、このフラワースタンド前がポジションとなっています。

634_01

このお花は、米田シェフのお姉さまが生けられてられているのです。
毎回季節のお花で彩られています。
無機質な店内は、シェフのお料理以外にも、
ガラスの器から放つ光が生命や希望、
花からは動と静(=生)、そして地球が感じられる、
まさに研ぎ澄まされた空間です。

シェフのお料理は緻密な計算から成り立つもので、ひとつの狂いもなく、
以前から素晴らしいとは思ってずっと通っているのですが、
今回はついに「突き抜けた!」という感覚で、その衝撃に心が震えました。

米田 肇シェフしかお作りになれないお料理。
唯一無二の存在感のお料理に酔いしれた夜になりました。

そして……お写真はないのですが、「愛・ai・LOVE」というデザート。
これはわたしがだぁ〜好きなデザート!

ホワイトチョコレートでできた丸いドームの中に温かなクリーム(?)を注ぐと、
その暖かさでチョコレートが溶けて、
中からベリーやガトーショコラ(?)などが美しく流れ出てきます。
まるで宝石箱をひっくり返したかのようです。
周りにはゼリーでできた赤い唇があり、
そのグロス感が女性ホルモンをグッ!♡ と
ざわつく感じにさせてくれて、たまらないの (^_-)-☆
お料理で感激、デザートでもテンション上がっちゃいます!

そして、ようやくシェフとの自撮りをさせていただける仲に (^o^)

634_02

見て\(^O^)/ シェフのとっても穏やかな微笑み♡
この余裕の微笑みからも“突き抜けた!”感が溢れていらっしゃいますね。

追伸:ハジメでのお食事中のナイフは、
シェフ自らが1本1本ていねいに磨がれています。
とても良く切れるナイフなのですが、磨いでいらっしゃるので、
ナイフと言うより小刀みたいになっているのです。
そして今、ハジメ・プロデュースのナイフを開発中なのだとか!
まだまだ先ですが、ネット販売もされるみたいですよ。
これは見逃せない。
絶対手に入れたい一品になること間違いなしですね (^.^)

【2015 07/11】

事前にブログで桂由美先生のグランドコレクション大阪を観て、
感動しながら予習していた娘ちゃん!
実はこのショーをご一緒した方がいらっしゃるのです。
それは“加藤淳子先生”です。

633

娘ちゃんは淳子先生と初対面でしたので、
成人としてちゃんと正しいお作法でご挨拶ができるか心配でした。
けれど、それは杞憂に終わり、淳子先生とお隣同士のお席で、
素晴らしい時間を共有させていただくことができました。

先生は京都の ANA クラウンホテルでブライダルの顧問をされているので、
お勉強のためにショーにお見えになっていたのです。
私はずっと娘ちゃんを先生に紹介したかったので、
良いタイミングとなりました。

ウエディングドレスって、観ているだけで幸せな気分になるんです。
次世代の女性! として、娘ちゃんにも、
女性からも男性からも愛される女性像を、
淳子先生から学んで欲しい……と願う母でした(^.^)

【2015 07/10】

学校終わりからの新幹線で向かった先は、“リーガロイヤルホテル大阪”。
そちらで開催された、
“80th × Yumi Katsura 50th Anniversary Party” に
参加させていただきました。

このパーティの桂由美先生のグランドコレクションを観るためだけに
駆けつけたのです!

なぜわざわざ? って思われるでしょう?
実は名古屋での

632_01

こちらのショーのオーディションを受けさせていただき、
娘ちゃんはどうやら合格!!
出演させていただけることになったのです。

名古屋より前に大阪でのショーがあると知り、
表現力やウォーキングの訓練を
ミスユニバース” のビューティーキャンプで受けていたとはいえ、
ショーの流れやモデルさんの動きなどを観て
勉強しておきたいという希望でしたので、
一緒に参加させていただいたのでした。

素晴らしい記念パーティとあり、厳かなる雰囲気も漂っていました。
会場前には桂由美先生のデザインされたドレスがたくさん、
あちらこちらに展示してあり、

632_02

「どれが好み?」とか「このレースが素敵♡」などと
会話も楽しんだりしていました。
すると娘ちゃんが急に「わぁ〜♡♡♡」っとドレスに駆け寄りました。

632_03

市川海老蔵さん、真央さんのウエディングドレスが、
そこに展示してありました。
「このドレス、テレビでみたときにすっごくキレイって思ったけど、
実物はやっぱり素敵ぃ〜」

632_04

……と、レースや細かな部分までをも見て、
感動してしゃがみこんじゃいました *\(^o^)/*

うっとりドレスを眺める娘ちゃんを見て、
“女の子は花嫁衣装に憧れる生き物なんだなぁ〜♡” と、
ちょっと安心した気分になりました。

そしてやっと会場に入り、記念にスデージをバックにパチリッ (^_-)-☆

632_05

ショーの内容はお写真が撮れないのですが、
披露された桂由美先生のデザインによるドレスは芸術作品のようでした。
和装もありましたが、大胆で日本を意識していらして、
着物を着られる日本人でよかった……と、
娘ちゃんとあらためて和装の良さも考える刺激となりました。

8月1日の予習、できてたらいいなぁ〜(^^)

【2015 07/09】

月曜日から金曜日まで学校があって、
普通に朝から夕方まで授業を受け、
学校がお休みの日は一緒にお出かけしたり、ボランティア活動か、
または “1日中ゆっくり自宅で過ごす!” 的な学生生活を送る娘ちゃん。
けっこうまじめ〜 o(^_^)o

普段は学校が終わると直帰してくるのですが、この日は特別でした。
直帰! までは何時ものパターン。
しか〜し! お着替えをし、ヘアもメイクも学校用ではなく、
目的のイベント用に変身 *\(^o^)/*
そして18時くらいに新幹線に乗って、ふたりで大阪に向かいました。

この時間からのお出かけですが、
明日は学校があるために用事が済んだら……最終で日帰り。
うー残念 (>_<)

だけど短い時間でも一緒にお出かけできるから、
私は気分がいい! のです *\(^o^)/*
だから座席について “自撮り” をパチリッ (^_-)-☆

631

あれっ? 娘ちゃん、前髪、くるっと巻いてピンで留めちゃってる!
「やだ〜! ピン、ついたままだよ」って教えてあげたら、
「留めからの〜クリッ!」になるのだそう。
なるほど、そなのね☆

仕上げヘアスタイルは次回(^.^)

……続きます。

kelly
ami-net
beauty-career
hairmag
ngc88
opi-rina
odekake
キューピー3分クッキング