メナージュケリー
メナージュケリーブログ 美クトリアンスナップ menageEXPRESS 「ケセラセラ」 バックナンバー
山村知枝古
主婦。成人した3人の子供達のママ。母、妻として家族とのコミュニケーションを楽しみながら、女性である事を忘れずに、インスピレーションのアンテナでライフスタイルを満喫。週に5~6回のwork outで、ボディメイクを心がけています。
HOME  >  プレミアム読者モデル・ブログ  >  山村知枝古  | 読者ブログ
【2016 10/25】

一目惚れのジュエリーや靴、お洋服は
場面を考えずに手にいれてしまう時、ありますよね?

最近、とっても心を惹かれた"靴"に出逢い購入したのです。

お気に入りの物は、すぐに使わず暫く眺めていたりしてから
出番を考えてあげるのです。

私のおNEWのしきたりは……
そのアイテムを使う場面を考えて、やっぱりお気に入りの物は
私のパワースポットで、初披露したいなッておもい

この子は
image
ボスと伺う、大阪 のレストランハジメで、
おNEWのしきたりを完結させました。

この子は、わたしのラッキーアイテムになりますように♡と
願いを込めて……

お気に入りの靴で、お気に入りのレストランに
お出かけ出来て気分はMAX!

あなたのおNEWのしきたりはありますか?₍₍ ( ๑॔˃̶◡ ˂̶๑॓)◞♡

私の主催する“衣通姫セミナー”(ソトオリヒメセミナー)を10月15日 (土曜日) に開催致しました。

セミナー講師は“エス コヤマ”の小山 進氏。

このセミナー当日の早朝、小山氏の元に一通のメールがとどいたそうです。

先日行われた、ショコラICAロンドン世界大会で
☆金賞6部門、銀賞16部門、銅賞2部門☆受賞。

最高の成績と偉業を達成されました!

今年度、2016年のアメリカ&アジア太平洋大会でも
多数の☆金・銀・銅賞☆を受賞されていますが、さらに素晴らしい結果を果たされ、
まさに、日本が誇るショコラティエとなられました。

そして、この日のセミナー参加者の方にはとてもラッキーな事がおこりました。

それは

ケーキの実演の後、ショコラセミナーに移り
ショコラのいただき方から学びました。

image
いただきかた?、、、そうなんです!
ショコラのいただき方があるんですね〜
(お写真がヒントになります)
それは、セミナーで聞いていただいたかたの特権\(^o^)/

この後、6品のショコラが並べられたプレートをお出しくださいました。

image
なんと!このショコラたちが入賞されたショコラ(一部)たちなのだそうです。
20日に情報解禁だそうですが、一足早く“衣通姫セミナー”ご参加の
みなさまにはこの日に振舞って頂きました。
まぁ〜!なんと粋なおもてなしでしょう!
(これは、打ち合わせではなかった事なので、私も当日驚きました)

ショコラ“一粒一粒”の、“香りと味わい”を丁寧に楽しんだ瞬間は今まで経験しなかったこと。
ショコラの美味しさは、大人の舌でないとわからないそうです。
大人の嗜みの一つも学ばせて頂きました。

ご参加くださいました皆様方も、お喜びの笑顔でご満足頂けた事と思います。

〜追伸〜
このセミナーは好評につき、小山氏と次回も予定しております。
年内には告知出来ればと考えていますので今しばらくお待ちください。

第一回となる「世界一のショコラティエ・小山 進氏」をお迎えいたしまして
『衣通姫セミナー』をレストラン四間道オーナーシェフ、松浦さまの”エルヴァージュ”にて開催致しました。
(エルヴァージュの2階、キッチンスタジオをお借りしての開催です。)

小山 進さまは、、、、、、
兵庫県三田市の自身の城である『パティシエ・エス・コヤマ』に拠点を置き、
「上質感のある普通味」を核にプロフェッショナルな味を展開し続けて
近年、子どもたちの育成や、
自身の“モノづくり”に対する姿勢、発想の原点などを題材とした講演会や講習会を各地で行い、
日本は元より世界を視野にし独自の世界観で、小さなお子様から、
ご年配の方にも愛されるお菓子作りに情熱を注がれるお姿に私は感銘を受ました。

フランスの最も権威のあるショコラ愛好会「C.C.C.」のコンクールでは、
2011年の初出品以来、
5年連続で最高位を獲得。
2014年においてはC.C.C.の審査員全員が、小山氏の出品した作品全てに対して
満点をつけたショコラティエのみに与えられる
「Excellence chocolatier etranger(2012年までの「外国人最優秀ショコラティエ賞」
を受賞し、日本人”初”となる3度目のW受賞を達成されました。
審査員の方々からは「味覚の錬金術師」と評されたそうです。
また、インターナショナル・チョコレート・アワーズにも2013年より4年連続で出品。
みなさまの記憶に新しい2015年7月には、イタリア・ミラノで開催された万国博覧会で、100名を超えるイタリア人料理人、ジャーナリストらの前でショコラセミナーを行うなど、名実ともに世界が注目する日本が誇るショコラティエ小山進さまです。
image
そして、2016年、今年のアメリカ&アジア太平洋大会で多数の金・銀・銅賞を受賞し、さらに
先日行われたロンドン世界大会では
金賞6部門、銀賞16部門、銅賞2部門と
最高の成績を残されました。
実はこのセミナー当日の早朝に受賞の報告を受けられたそうで、
私たちにも記憶に残る素晴らしい日を共有させていただきました。

マダガスカル、ベトナム、インドネシア、コロンビア(2回)、ペルーなど
「産地に近い考えを持ったチョコレート職人」を意味する“カカオティエ”を目指し、
カカオハンターや優れたクーベルチュリエたちからカカオ産地の歴史や生育環境、
カカオそのもののポテンシャルを学ぶ日々を送っていらっしゃいます。

そんなお忙しい小山氏に、セミナー講師依頼のラブコールを1年ほど送り続け、
日本中又世界を駆け回る中でやっとスケジュールをいただけることになりました。

セミナーでは、世界的ショコラティエにお会い出来、間近でお話しもして頂き
その場で、小山氏ご自身が全て実演で作ってくださり、試食までできる貴重なお席を
皆さまに楽しんでいただけた1日となったのではと考えます。

それでは、当日の様子をご覧ください。

まずはこの日作って下さるケーキ”マダガスカル”の実演からスタート!
ショートブレットカカオ・泡立て器を選ぶ注意点なども教えてくださいました。
image image
ケーキ生地をオーブンに入れる際、焼き終わりオーブンから出した時のポイント!を伺い
みなさま「おー!」となる意外な点がありました。

image image
テンポよく進んでいます。

image image
クレームブリュレバーニュ
ムース ショコラ オレ フランボワーズの分離しないポイントを手早く作業しながらの講義は
楽しい会話を交えながら、、、、

image image
スポンジがしっとりふわふわと焼けています。
先ほど作ったクレームブリュレバーニュをひき、フランボワーズをのせて

image
ムースショコラマンジャリ&バーニュでコーティング

image
ガナッシュショコラで「MADAGASCAR」とデコレーション。
マカロンコックショコラも堂々の存在感♡

そして、完成はこちら
image
これには、♡グッ♡と来ちゃいますよね!

そして、みなさまに切り分けて頂き
image
贅沢にも作り手を目の前にして、みなさまと美味しくいただきました。

この後、ケーキを頂きながらショコラセミナーに移ります。
、、、、、、つづく、、、、、、、、

【2016 10/12】

久しぶりに娘ちゃんとのお出かけ先は
名古屋駅前にある、"大名古屋ビルヂング"
そちらの2階にある"bonjour records"に
伺いました。

image

東京・代官山をフラッグシップショップとして
ジャンル、国籍を問わず良いものをセレクトする
bonjour recordsが名古屋にもお目見えしました。

店内には、DJブースや
image

個性溢れるセンスのよい、ファッションアイテムと共に
写真集やCDなどもあり、雰囲気漂う素敵な
空間となっていて、大人も楽しめるショップです。
image

娘ちゃんは七分袖のネイビーに白襟のトップスを
ロックオン!
試着なしで似合うのがわかるほどかわいいアイテムに
出会えた様子♡

私は特に欲しいものはないかぁ〜
と、店内をゆっくり見渡していたら
目にググッ!とこれが飛び込んで来ました!
image
"Richardson"リチャードソンのルームシューズ♡

リチャードソンはNew Yorkのブランドらしいので
来年New Yorkの時には、尋ねてみたいと思っています

モカシンのように、中はフワフワで温かく
甲の部分の"R"のロゴもかわいい〜ლ(❛◡❛✿)ლ
久々、ひとめぼれアイテムに出会い即買い!
サイズはアメリカサイズのsですが、ちょっと大きめ。
ピタットよりは少し大きめの方がお部屋ではリラックス
できますもんね.+*:゚+。.☆

帰宅して…気づいたら娘ちゃんが、、、、、
素知らぬ顔で、自分の物の様に履いてた!
あ〜奪われたぁ〜

今回、シカゴの目的は
Grant Achatz氏率いる、Alinea Groupのレストラン3店舗を回ること。
image
Next
image
Aviary
image
『エリート・トラ​ベラー(Elite Traveler)』が
世界のレ​ストラン番付ベスト20を発表しました。
世界1位のレストランに輝いたのは、
米国人​のこのお方、グラント・アケッツ
(Grant Achatz)氏です。
image

料理界のベートーヴェン…と言われる理由は…
2年前、舌癌を患われながらも
世界一位になられたところからの理由だそうです。

連日、どの店舗も5時スタートの2回転。
全て満席となってました。
2回転目は21時30分スタートですから
終わりが午前1時30分をまわりました。
…睡魔と戦いながらのお食事です*\(^o^)/*…
数々の受賞歴があ​る米シカゴ(Chicago)の
「アリニア​(Alinea)」Groupのオーナーシェフさまです。

Alineaはシカゴ滞在中、数日の間に2回伺いましたから、
2回目のmainを尾長鯛にチェンジしてくださる
心配りを頂きました。
…二回目は、おかえり〜って迎えて下さいましたから
嬉しさ倍増でした♡…
image

Nextでは、9月にメニューが変わり
ナパバレーにある、”フレンチランドリー”の
お料理が頂けました。
{先月まではアフリカがタイトルで、
時折メニュータイトルがかわりますが
今回はとっても良い時期…フレンチランドリーの時に
伺えました。}
image

3店舗を周り、素敵なシカゴの思い出の一つとなりました。

Chicago…また、訪れたい街となりました。

【2016 09/06】

Chicago目的は、全米トップ予約困難

シェフ世界一位長者番付に輝いた
オーナーシェフ、GRANT ACHATZ
(グラント・アゲッツ)氏率いる
レストラン ALINEAに伺うことです。

”ALINEA”に続き ”NEXT”、”Aviary”と
Chicagoに3店舗あります。
ALINEA 2回!”NEXT”、”Aviary”と伺う予定です。

2ヶ月前から予約開始。
世界中からアクセスがありますから
早々、満席になります。
だから、予約は至難の技!
よく、予約が取れたものだと……
ボスに感謝m(__)m感謝m(__)mです♡

到着初日はALINEAに伺いました。
image
入り口には看板もなく、住所だけをたよりにタクシーに
お任せしてたどり着くのです。
ドアマンがいらっしゃるから入り口は、わかりましたが
わかりづらい〜*\(^o^)/*
あっ!
image
VALET parkingの小さな看板はひっそりと
置かれてました(^^)

予約時間に遅れないように!と
アナウンスされていたので、到達早速店内に入ります。
image
レストラン・アリネアの中には、
キッチン横のガラス張りの6人グループ一斉スタートの個室と
14人一斉スタートのギャラリーと言われるテーブルと
image
二階には、salonと言われるフロアーで
お料理の提供数が少なめの、お席がご用意されています。

初日は14人一斉スタート21時30分スタートのお席しか空きが無くそちらを予約してありました。

image
天井には、ペイントされたプレートが飾られ
雰囲気は割と殺風景な印象です。

皆さんお時間を守られて無事、スタート!
メニューは14品。
まずは、キャビア
image image

これを頂いたら、全員でキッチンに移動。
image
カクテルをカウンター越しに目の前で作ってくださいました。
image
ピンチョスと一緒に頂きました。

そして、先ほどのフロアーに戻ると
image
テーブルのレイアウトが!!!
長テーブルだったのが
グループごとに分けられていました。
これは予想もつかずの感動でした。
テーブルには、なかったはずの柑橘類が置かれており
目に鮮やかに映えていました。
image
次のお料理はイエローのタイトル
image
お箸も黄色に統一。
お料理と共になんと、
テーブルの柑橘類に、なにやら液体を流し込むと、
image
ドライアイス効果でモクモクの動くテーブルクロスの様。
しかも柑橘類のアロマ効果が凄いの!
柑橘類の絞り汁を液体窒素で凍らせて、
演出なさってるみたいです。
image image
お料理の発想は素晴らしい!
image

トーストのタイトルのお料理は
image
カリカリトーストにチーズをのせたトリフで包んだもの。
見た目は磯辺巻きですね(^^)

次は、テーブルで焚き火がはじまりました。

image
八角や木の香りでこれもアロマ効果あり!
image
これは、南の島のお料理の印象。
タヒチとかの海辺でライトアップされた
テーブルセッティングの中で頂いている イメージでした。

次はボーンのタイトル
image image
大きな骨に盛り付けられていました。

そしてデザートは

image

なんと、風船を手渡されました。
これは、飴細工の風船の中にヘリウムガスが入っていて
飴の風船に口を付けて中のガスを吸う!
…と、どうなるかわかりますよね?*\(^o^)/*
声がおかしい〜(笑)
周りのテーブルからも変な声の歓声と笑い声で
笑いの相乗効果で盛り上がりました。
…童心にかえったように♡…

少し落ち着いたところで
まぁまぁの大音量の音楽が流れ出来たと思ったら
照明が、消され
image
天井にあったペイントしたプレートが
一枚づつ外され、各テーブルに置かれはじめました。

プレートが、セットされると、
数人のスタッフが各テーブルのプレートに
テンポ良く、入れ替わり立ち代り
それぞれの材料を盛り付けてる?らしい。

テーブルから着いたりはなれたり。
image
暗くてわかりづらいかもしれません(^^)

盛り付け終わると、照明が点灯され
そこには
image
ペイントのタイトルのデザート。

この時は拍手喝采!
指笛を鳴らす方もいらっしゃるほど盛り上がりました。

スタートからデザートまで
ショーを観ているようで、アッと言う間の
4時間コースは終わりました。
気づけば午前1時30分…眠いです。

この日はオーナーシェフは不在でしたので
マネージャーのJohnさんとご一緒にパチリッ!
image
お料理をみると、日本にかなり影響を受けているような
イメージをうかがえました。

パフォーマンス性に優れた貴重なレストランに
触れ合えた時間となりました。

シカゴ到着直ぐ、時間に追われながらの
あちらこちらの観光をざっとこなした5日間でしたが、
やっと落ち着いて、ホテルでブログを書く余裕ができました。
これから、ポツポツとアップしますので
読んで頂けたら嬉しいです(^^)

成田を飛び立ち、11時間でChicago上空に到着。
image
空からのChicagoは緑に満たされた都市、の印象です。

飛行場に無事到着。
空港もとにかく広いッ!
image
ハブ空港の為、果てしなく滑走路(^^)

荷物を受け取り空港を出ると、各国の国旗が掲げられ日本の旗もありました。
image
他の空港もこんなのあったかしら?
気づいた事、なかったけれどどうだったかな?w

ん〜〜〜
空の青さと澄んだ空気が気持ちいぃ〜♡

いまシカゴの季節は夏から秋へと移りゆく
爽やかな風を感じます。
日差しは強位ですが、日本と違い湿度は低く
過ごしやすく天候も晴れの多い時期のようです。

NY、LAに続くアメリカ三大都市のChicagoの
雰囲気はとっても穏やかに感じます。
なぜか?は、滞在中に街に出て人に触れれば
その理由が理解できるかも(^_−)−☆

Chicagoブログ、みてくださいね♡

成田から11時間の空の旅の
機内で私がいただいた
今回のお飲み物はこちらです(^^)

image
SALON 2004からスタート、
Montrachet 2012・ルイラトゥール
SONO 2014
シャトー・タルボ 2012
ロイヤルブルーティ・クィーン オブ ブルー
レミーマルタン、VSOP

11時間もあるから、ゆっくりペースでいただきました(^^)

お写真、右から2本目の”園”SONOは
日本人オーナー杉本 隆英さま、美代子さまの
オーナー自身の家紋をワイナリー名にした
シャトー・イガイタカハのフラッグシップ
赤ワイン”SONO”です。
10月1日『Dragoo Beauty 2014』がリリースされるそうです。
今後も日本の匠の技も楽しみで、目が離せない予感〜♡

【2016 09/01】

目的地までの機内の過ごし方は様々だと思いますが、

私は映画やお借りする雑誌をみたり、
…メナージュケリーはないけれど…(笑)
image
お食事や飲み物に、
眠くなれば横になったりと
わりとあっと言うまに、到着って感じ(^^)

なかでも、映画の時のこれ!
image
BOSEのヘッドホン!
音が臨場感ありなの*\(^o^)/*
落語も好きだから、これで聞いて楽しんでます(^^)

 

【2016 08/31】

娘ちゃんが、
「お友達にオススメされたお店があるの一緒に行こう!」
っていう事で、東京駅近くの
グリルしたチキン丸ごとお出しくださる
お店に伺いました(^^)

ビールはどちらかと言うと苦手…
どちらかと言わなくても苦手なわたしですが
この時は、チキンにハートランドビール?
苦味も残らずさっぱりした味わいに
ビールにはまりそうな予感を感じました(^^)

image

ほろ酔い気分にこんな写真も撮ったりと
image

たまにはこんなくだけた感じも悪くない♡

娘ちゃんのお友達に美味しいチキンをおすすめされて
ハートランドビールにも出会えて良かった(^^)

kelly
ami-net
beauty-career
hairmag
ngc88
opi-rina
odekake
キューピー3分クッキング