メナージュケリー
メナージュケリーブログ 美クトリアンスナップ menageEXPRESS 「ケセラセラ」 バックナンバー
HOME  >  編集スタッフの「ケセラセラ」
編集スタッフの「ケセラセラ」

年末、「星野リゾート 界 加賀」に宿泊しましたが、

お宿のご案内で石川県の「古くから伝わるもの」にいろいろ触れさせていただきました。

 

星野リゾート 界 加賀でのお泊りの様子はコチラを → ★Part1★  ☆Part2☆

館内だけでも、たっぷり石川県の伝統工芸の素晴らしさを感じることができる造りです♡

 

FullSizeRender

夕食時、冬の味覚の王様・カニ料理に使われていた大きな九谷焼のお皿。

kaga_062

「カニ料理が映えるように作りました」と語る、開業初日に駆け付けた作者の山本長左先生。

 

 

その長左先生の工房「妙泉陶房」へ。

弟の篤氏がろくろ形成と焼成を、

兄の長左氏が江戸時代から続く技法の型打ち成型、絵付けを担当する兄弟窯です。

IMG_2860

カニ料理に使われていたあのお皿も発見!!

 

kaga_207IMG_2862kaga_2111

 

長左先生の器は、宮内庁御用達。

即位の礼「饗宴の儀」、皇太子様・雅子様のご成婚時の「饗宴の儀」などのシーンで、

先生の器が使われたそう。

 

IMG_2854

窯元の先生と聞くと「さぞや、気難しい…」と思いましたが、

長左先生はユーモアたっぷりにわかりやすく解説してくださいました。

 

「妙泉陶房」は若手の育成にも熱心。

図1

工房では、1年生、2年生と、それぞれのスキルに合わせて生徒さんが絵付けをされていました。

卒業生の活躍を、本当に嬉しそうに語る長左先生の笑顔も印象的。

 

「妙泉陶房」は、要予約で工房見学も受付ているそうなので、

ご興味がある方はぜひ!(繁忙期などは不可)

 

 

 

図案作成から糊置き、地染、水洗い…と全行程を一貫して行う

加賀友禅「毎田染画工芸」へ。

IMG_2874

 

ショールームで、毎田仁嗣先生が加賀友禅の基礎を教えてくださいました。

京友禅は公家、加賀友禅は武家。

kaga_220

花鳥風月などの自然をモチーフに写実的な文様が、加賀五彩を基調に描かれています。

だから、草花の虫食い状態もそのまま描かれているのです。

IMG_2865

わかりますか? 黒くなっているのが虫食い部分です。

見惚れてしまうし、柄を見ているだけでも楽しい!!

 

なかなか見られない、工房にもお邪魔させていただきました。

 

IMG_2875

こちらは「糊置き」の工程。わくわくします。

 

kaga_225

こちらは「彩色」の工程。「着物になったら」と想像したり。

 

 

kaga_228kaga_231

「毎田染画工芸」では、着物だけではなく、

技術を生かしてスカーフや風呂敷などの友禅小物も制作。

 

IMG_2881

仁嗣先生が作られたこの加賀友禅も、伝統と現代が交差した新しい感覚が美しいです。

 

 

「星野リゾート 界 加賀」のベッドルームにも、

そんな仁嗣先生のインテリアが印象的に彩られています。

IMG_2842IMG_2780

 

 

 

そして、加賀温泉の顔ともいうべき「古総湯」にも!

kaga_162

明治時代の総湯を復元した造りはもちろん、

カランやシャワーの設備がない昔ながらの入浴体験ができます。

良質なお湯は、源泉かけ流し♡

kaga_133

ステンドグラスや九谷焼のタイル、重厚でしっとりとした輝きの壁は拭き漆!

2階には畳敷きの休憩所も備わっています。

 

当時の流行の先端を粋に再現した温泉タイム♪

 

こちらは、石鹸やシャンプーの使用は禁止ですが、

道路を挟んで隣には現代の入浴が楽しめる「総湯」があります。

もちろん、こちらも源泉100%。地元の人も観光客も集う、共同浴場です。

kaga_142

 

「古総湯」「総湯」は、「星野リゾート 界 加賀」の目の前のナイスロケーション!

IMG_2757

この写真は、宿泊した客室から撮りました。ね、目の前でしょ。

左が「古総湯」、右の横長の建物が「総湯」です。

 

 

これから冬本番ということは、カニがおいしい季節。

ぜひぜひ、石川の加賀へお出掛けください。期待以上のあれこれに出会えますよ。

※ちなみに地元の方が言うには、漁が終わる頃(3月)のカニは特に濃厚でおいしいとか♡

 

 

 

桑原

 

 

 

続きを読む

(遅まきながらも)皆様あけましておめでとうございます‼

暖冬、暖冬と叫ばれている今年の冬。

本来雪国である実家に帰省しましたが

やはり全くといっていいほど積雪がなく本当にびっくりでしたw(゚o゚)w

それでも元日の朝だけは、窓を開けると白い景色…

太陽が昇ってとけてしまう前にと、雪の積もった南天の実をパチリ(庭にて)。

少しだけですが冬の風情を楽しみました♪♪

IMG_2839

IMG_2840

~難を転じて福となす~の語呂合わせの縁起樹にあやかって…

2016年も皆様にとって良い年となりますように♪

本年もメナージュケリーを何卒よろしくお願いいたします‼

 

ひがし

続きを読む

12月10日にリニューアルオープンした「星野リゾート 界 加賀」、早速、1泊しました!

kaga_152

オープニングセレモニーの様子はコチラを→★☆★☆

 

――加賀友禅、九谷焼、山中漆器、加賀水引――
数多くの伝統工芸が受け継がれている石川県。

国の有形文化財にも登録されている建物をはじめ、
武家文化に端を発した石川県の伝統が、
館内のいたるところで感じられます。

kaga_049kaga_005kaga_006kaga_174

 

 

その土地の文化を滞在中に、たっぷり触れられるのも「界」ブランドの宿ならでは!

「界 加賀」では、若手の伝統工芸の作家の方とも積極的にコラボしています。
だから、
「こんな所に、水引があしらわれている!!」
「こんな加賀友禅もあるのね!」など、新たな魅力との出会いも♡

kaga_013kaga_075

 

夕食は、12月ということもあり、
見事なズワイ蟹の“蟹源泉蒸し”が含まれた会席料理でした!!
水色のタグが本物の証!

FullSizeRender

「白銀屋」ゆかりの北大路魯山人の哲学「器は料理の着物」に倣って、器たちにもうっとり。
料理に使われている九谷焼の器や山中漆器は、館内のショップで購入できます。

kaga_187kaga_188

 

開湯1300!の山代温泉の美肌の湯も、柔らかな湯ざわりで、じんわりぽかぽか。
熱すぎないので、じっくり長湯ができました。

kaga_064

露天風呂の松の木は、北陸ならではの雪吊りが施されていました。
雪が降ったら、また素敵な景色になりそう~♡♡

 

kaga_200

朝食も、ご覧の通りの多彩!
ノドグロの干物までも登場~。いしる湯豆腐もおいしかった♪

 

kaga_204

石川県の伝統をそのまま、またモダンに…。
いろいろな角度から訪れた土地の良さを五感で楽しめる「旅宿」でした!

 

星野リゾート 界 加賀」さんの案内で、特別な所へも行ってきましたので、

そのレポートは、次回に。加賀エリアを満喫(^^)v

 

桑原

 

 

続きを読む
kelly
ami-net
beauty-career
hairmag
ngc88
opi-rina
odekake
キューピー3分クッキング