ブックタイトルmenage2018冬

ページ
9/14

このページは menage2018冬 の電子ブックに掲載されている9ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

menage2018冬

045麗子さんの「清潔感」は肌と心の会話からスタート「小麦色に焼いていたころは肌の悲鳴が聞こえなかったの(笑)」以前は水着をカッコよく着たいと、小麦色肌が基本だった麗子さん。「今思えば、肌が悲鳴をあげていましたね」。麗子さんの肌はもともと白い方なので、この機会に美白へ完全シフト。自然に逆らわないケアで、肌も以前より健康的になったとか。清楚な白肌になったことで、似合う洋服にも変化が。「ボディコンや毛皮など、トラック数台分くらいのアイテムは断捨離しました。過剰でないことの心地よさを実感しています」。「ときにはシンプルなケアだけ。肌に試練を与えるのも大切!」「年齢から目を背けない無理のないケアで体も喜びます」「え? 今日はこれだけ?って肌を驚かせるんです」と麗子さん。普段の〈フィロルガ〉や〈正官庄〉のケアに加えて、ときにはドラッグストアで安価に購入できるハト麦化粧水パックだけで終えます。そうすることで、肌が持つ治癒力や細胞の活性が促せる気がするのだとか。「実際に、肌にできものができた時は、ハト麦化粧水パックに頼ります。これも肌内部で過剰になった油分などをさらに積み重ねないようにするためです」。野菜を洗うときやアクを取るときに使う重曹は、隠れた万能美容&健康素材。麗子さんは洗顔料に少量を合わせてオリジナルのスクラブ洗顔を作ったり、3日に2回はうがいをします。「コップ一杯の水にティースプーン1杯分の重曹を溶かすだけ。口に含むと、歯茎がキュッと引き締まる感じで、歯周病などの予防にもいいみたいです。舌苔も落とせて口臭予防にも効果的なので、もう欠かせません」。Reiko’s Photo Shooting!10月の某日、東京から番組クルーが訪れ、千種区・星が丘テラスにて撮影を実施。お買い物途中の自然体の麗子さんに触れ、クルー一同「こんなに華やかな女性が読者モデルだなんて!」と驚いていました。麗子さ~ん!こっち向いて♪韓国で100年以上の歴史を持つ〈正官庄〉のシリーズは、「高麗人参の香りが強めですが、肌のツヤや毛穴の引き締め、目元のたるみに効果絶大!」スリープアンドピール。「私が肌のハリを保てているのは、このアイテムのおかげです」ハト麦化粧水をコットンにたっぷりと染み込ませて、肌にのせるだけたっぷりサイズなので、贅沢クリームタイプの洗顔と重曹を合わせ に使えるのも魅力的た洗顔は、顔のくすみを解消重曹は必ず料理用の純度の高いものを選んで2013~2016年頃の麗子さんは、美しいロングヘアと小麦色肌がトレードマークでした!