ブックタイトルmenage2017秋

ページ
8/12

このページは menage2017秋 の電子ブックに掲載されている8ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

menage2017秋

054肌が荒れる、太りやすい、無性にイライラする…、そんなカラダとココロの不調は、ひょっとしたら女性ホルモンの仕業かも。女性ホルモンの分泌量が大きく変化する“更年期”を迎える前に、ホルモンの仕組みをしっかり理解して、味方につける技を身につけましょう!監修/伊藤加奈子(P54~57、P60~62) 撮影/marron イラスト/miya女性をサポートするホルモンは一生でティースプーン一杯分  〝女性ホルモン?とは、女性のカラダが妊娠・出産を可能にするために、脳が指令を出して卵巣から分泌される2つのホルモンのことを言います。1つ目はよく耳にする「エストロゲン」。女性らしいカラダを作るほか、髪や肌を艶やかにしたり、骨や血管を強くする働きがあります。さらに気持ちを落ち着かせ、幸福感をもたらす成分〝セロトニン?の合成に関わっているのも特徴のひとつです。エストロゲンは生理が終わる頃?排卵までの期間、分泌量がぐんぐんと増加。この時期は精神が安定し、肌もきれいで太りにくいなど、まさに心身共に絶好調なのです。2つ目は、妊娠を継続させる働きをする「プロゲステロン」です。こちらの分泌が盛んなのは、排卵後?生理前。体温を上げたり、子宮内膜をふかふかにするほか、体内に水分を溜め込む働きもあるので、この時期は便秘やむくみ、吹き出物に悩まされることも多いのです。また、イライラするなど精神的にも不安定になりやすく、人によってはPMS(月経前症候群)と呼ばれる症状になることもあります。 そんな女性ホルモンの分泌量は、一生でわずかティースプーン一杯分と言われています。この量に個人差はあまりありません。微量な女性ホルモンが、血流にのってカラダを巡ることで、私たちに多大な影響を与えているのです。分泌のピークは20代。30代後半頃からゆるやかに減り始める 初潮を迎える思春期から分泌が増えるエストロゲンは、18歳?40歳くら伊藤加奈子先生医師・産婦人科医。名古屋市東区にある、女性のための統合医療クリニック「ココカラウィメンズクリニック」院長。東洋医学・薬膳・アロマセラピーなどにも精通し、様々なジャンルの講演や講座を全国各地で行う。名古屋地域でのピンクリボン運動の第一人者としても知られる。cocokara-clinic.com教えてくれたのはこの先生!いまでが最も多く、40歳頃から徐々に減少していきます。この変化は残念ながら避けられず、閉経前後でさらに急速に減っていきます。その、ホルモンの変化が大きい閉経前後の約5年間が「更年期」です。更年期は一般的に40代半ばから始まると言われていますが、30代後半から始まる人もいれば、50代になるまで更年期が来ない人もいるなど、個人差が大きいのも特徴。また、女性ホルモンの分泌が影響をうけるのは、加齢だけではありません。食事や睡眠といった生活習慣やストレスも大きく関わってきます。女性ホルモンの分泌バランスを崩さないためには、自律神経のバランスを整える生活を送ることが重要なのです。一気に老化が進むのがアラフォー。変化を感じたらクリニックへ ホルモンバランスが崩れてくる30代後半からは、卵巣も一気に老化していきます。生理の周期や量が急に変わることも多く、そこには病気が隠れていることも…。また、女性ホルモンは骨や甲状腺、血中コレステロールなどカラダのあらゆるところに影響してきます。急な月経不順や無月経、更年期症状があれば、すぐにクリニックで診察してもらうことが大切。採血でホルモン値を調べることもでき、適切な処置やアドバイスを受けられます。 また、忘れてはならないのが、今や現代女性の12人に1人が患う乳がんの検診です。乳がんは、女性ホルモンと関係が深く、30代後半から患う人が徐々に増え始め、40代後半でピークに。30代から1年に1度の検診を習慣づけるのがおすすめです。40代になると行政の補助も受けられるので、賢く使って必ず定期検診を受けましょう。生理周期(月経)基礎体温の変化卵巣ホルモンの変化1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28エストロゲン(卵胞ホルモン)プロゲステロン(黄体ホルモン)低温相高温相生理卵胞期排卵期黄体期エストロゲンの分泌量0 10 20 30 40 50 60 70 年齢思春期(8~18歳)性成熟期(18~40歳半ば)更年期(40歳半ば~50歳半ば)老年期(65歳以上)30・40代のためのホル活メソッド女性ホルモンと賢く付き合おう女性ホルモンの変化と理由何となく大事ということは知っているけれど、わからないことだらけの女性ホルモン。女性なら知っておきたい基本的なことを正しく知りましょう。まずは基礎を知ることからスタート