ブックタイトルmenage2018春

ページ
5/12

このページは menage2018春 の電子ブックに掲載されている5ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

menage2018春

043野菜を中心に化学調味料は極力使わない普段の“おうちごはん”づくりで気をつけていることは何ですか?外食も多いので、自宅での食事は野菜をしっかりと摂ることを重要視しています。食事だけでなく、おやつ用にピクルスを漬けたり、デトックスウォーターを作るなど、家で口にするものはトータルで考えています。Q1アノーバの低温調理器お気に入りのキッチングッズを教えてください。とにかく火入れが完璧にできるので、失敗がないというのがうれしい。ローストビーフだけでなく、ローストポークも作りますが、お弁当で食べてもお肉がやわらかかったと子どもが絶賛していました。Q2テツヤズのトリュフソルトとダウロのオリーブオイル定期的に購入している調味料を教えてください。黒トリュフを5%入れたトリュフソルトは、パスタやソテーしたお肉につけるだけで、びっくりするほどおいしくなります。あとは、定番ですがダウロのオリーブオイルはずっと使っています。Q3飲食店さんとコラボした1日限定の食堂です市川食堂として様々なイベントをされていますが、具体的にはどのようなものですか?日々の家庭料理を記録用としてSNSにアップしていたら飲食店のオーナーはじめ、友人達から「りっちゃんの手料理が食べてみたい!」「お家に呼んで!」とオファーが殺到し、私がシェフを務める一日限定コラボイベントを、飲食店のオーナーと企画。「市川食堂×のりのり酒場」としてスタートさせました。メニューはあくまで、普段からつくるおうちご飯。「日本のお母さんのご飯」をテーマとし、18種類を全て手作り、素材にもこだわり安心安全な食材を使って挑みました。基本的にはあまり告知をしないシークレット的なイベントですが、毎回100人近くのお客様が来店され刺激とヤル気の一日になります。Q4ホッとするお母さんのごはんフリーランスで広告代理店業を務める。16歳と17歳の女の子のママ。「#市川食堂」で発信する普段の料理にファンが多く、不定期で飲食店オーナーとイベントを開催。市川りつこさん(48歳)Entry 02名古屋グルメナガンスサムゲタンいつ食べる?│ 夕食調理時間│ 60分本場韓国で使われているこだわりの薬膳が詰まった博淑屋のサムゲタンキットを使って調理。じっくりと長時間煮込むのがりつこさん流。スタンダードに作るのはもちろん、カレー粉でアレンジすることもあるそう。キヌアのサラダ&鶏肉とレンコンの揚げ団子いつ食べる?│ 夕食調理時間│ 各30分ヘルシーなキヌアは旬の野菜と一緒にサラダとして食べるのが定番。家族が各自お気に入りのドレッシングでいただくスタイルです。揚げ団子にはたっぷりのショウガとレンコン、青ジソ、ニンジン、黒ごまを入れて。ローストビーフいつ食べる?│ 夕食・パーティー調理時間│ 120分アノーバの低温調理器を使って作ったローストビーフは、時間が経ってもやわらかいのが特徴。黒コショウ、岩塩、マスタードソースの大人の味です。サラダを添えて、たっぷりの野菜と一緒に食べます。