ブックタイトルmenage2017秋

ページ
4/12

このページは menage2017秋 の電子ブックに掲載されている4ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

menage2017秋

028AikoIshikawa秋号の撮影が行われたのは、35度超えの猛暑日。流れ出る汗で、ベースもアイメイクもヨレヨレの編集Tをよそに、スタジオ入りした愛子さんのメイクはパーフェクト!蒸しタオルをあてながらリンパ刺激でむくみを撃退朝は米ぬか洗顔or水素水洗顔蒸しタオルのおかげで、それぞれの浸透性も抜群。スキンケアアイテムは肌のコンディションに合わせて使い分けています。肌のキレイな人に出合ったら、何を使っているのか必ず聞きます朝・夜のリンパマッサージが老け顔防止&小顔に効果大顔から首、そして脇に向かってリンパを流していくことで、小顔効果、リフトアップ、ほうれい線予防、血行アップなど、期待できる効果が満載! 時間がなくても必ずやっています。ティッシュにくるんだ保冷剤は化粧崩れ防止の秘密兵器小さめの保冷剤をティッシュ2枚にくるみ、顔全体的にポンポンと当てていきます。肌がクールダウンされることで、毛穴を引き締め、また、ティッシュで余分な油分を抑えていることも、化粧崩れを防止するキーポイント。朝の洗顔は、前日に用意した米の研ぎ汁か水素水での洗顔のどちらかです。〈ポーラ〉オリジナルの水素水整水器は、つくりたての水素水や酸性水を自宅で楽しめます化粧水シートパック乳液このテクニックも見逃せない!まずは下準備!魅力的な笑顔で周りを魅了するメナガンスな女性。そんな彼女たちにも実はコンプレックスが隠れています。そこで今回は、「メイクテクニックひとつで美人は作れる!」と提唱する3人のメナガンス女性たちが、自分の得意分野を生かし、美人度を上げるメイクをレクチャー!人生が変わる笑顔映えメイクLesson1What’sPerfectMakeUp化粧崩れとサヨナラできる!パーフェクトメイクで笑顔映えメイクの悩みNo.1といっても過言ではないのが「メイク崩れ」。時間が経つにつれ、ベースメイクやアイメイクのヨレが気になってしまい、外出先でのメイク直しが必須の女性も多いはず。思いっきり笑いたいのに、ほうれい線や目元の化粧崩れが心配で、なんとなく表情を気にしてしまうのでは…? そんな女性に朗報! ほんの少しのテクニックで、夜まで化粧が崩れない方法があるのです。パーフェクトメイクで自信を持って笑顔になりましょう。石川愛子さん(33歳)完全プライベートネイルサロンのオーナー兼ネイリスト。美容マニアであることや、抜群のスタイルを生かして、メナージュケリー以外でもモデルとして活躍中。自身のインスタグラムにはメイク法の質問が多く寄せられ、愛子さんのメイクファンが多数。マスト!マスト!マスト!美人は作れる!飾らない笑顔が魅力的バッチリメイクして出かけたのに、夕方にはメイクが崩れて残念顔に…。せっかくの笑顔も魅力が半減。そんな人には、化粧崩れを気にせずに、思いっきり笑顔になれるパーフェクトメイクがオススメです!細かいミストの美容液でベースメイクをフィニッシュ顔全体にフェイスパウダーをのせた後に、ミストを吹きてなじませます。このときのミストは霧がより細かいものだと◎!