メナージュケリー
メナージュケリーブログ 美クトリアンスナップ menageEXPRESS 「ケセラセラ」 バックナンバー
山村知枝古
主婦。成人した3人の子供達のママ。母、妻として家族とのコミュニケーションを楽しみながら、女性である事を忘れずに、インスピレーションのアンテナでライフスタイルを満喫。週に5~6回のwork outで、ボディメイクを心がけています。
HOME  >  プレミアム読者モデル・ブログ  >  山村知枝古  | 読者ブログ

幕張メッセで
8月3日〜8月5日まで開催される
AUTO MOBILE COUNCILに
足を運んでみました!

何?って思うでしょう?
"日本における自動車文化の新たな創生"を
テーマに
"クルマを中心とした大人の社交場"と言う
新しいクラブ組織なんですって!

車好きなら
見逃せないイベントなのです(^^)
1CAE9A72-D56B-4940-96B7-7989E73A44FF
トヨタ2000GT 展示販売されていて
購入も出来ちゃいます(^^)

こちらは1964年オリンピック聖火輸送車
89D60640-ACBB-4A4A-AA28-F31D85F17AC421AFBBEB-9F4F-4712-AA4F-F84C36E1E5F9

そして、こちらが2020年の聖火輸送車の
FD1FD07D-7A13-4261-A2F3-B219520D76CD 623FDAE3-66C6-4BC5-BD7C-78BBAD140D78
"MIRAI"
新旧が揃っての展示車もあり
56年の時を経て
2020年に
聖火が東京に戻ってくるのですね…
なんだか感慨深いものがありますよね

coolなスーパーカーも
あったり!
FD0B626E-5D5A-4C89-9E80-AB00FC2EC88E

オープンのメルセデス
53320495-F867-4AED-BB15-0E2A2B053FE4

ロールスロイス…ノスタルジックな雰囲気で素敵♡
7E0DCAC6-CB8A-4A8A-9AF0-7B41504CE347

とにかく、すごい台数の
レアな車をよくこれだけ集められたのね〜と
ワクワクしながら会場を回っていました

あちこち回っていたら
すれ違いに

あれ?
知り合い?
ん?

誰だっけ?

の記憶が、一瞬にして繋がって…

わぁッ!

あのあのあの!
世界の車ファンを魅了する
カーデザイナー、工業デザイナーの
"ken Okuyama"さんに
わたし、奇跡の遭遇をしちゃいました!

普段は日本にいらっしゃらないから
こんな機会は滅多にない事!
だから、勇気を出して
ダメ元で、お写真をお願いしましたら

"え、僕で良かったら"と
快く受け入れてくださり
自撮りでパチリ!
19D24848-8DDA-4643-9A5B-5F0FB147CE38
感じが良すぎて
優しくて益々ファンになってしまいそう(^^)

大人の素敵な対応って感じよね〜

タグも大丈夫ですか?と、伺ったら

その写真ならいいよ!って

優しい〜
イベントに来て良かった(^^)

このイベントは、5日まで開催されてますから
クルマ好きの方は
幕張メッセの大人の社交場へ行ってみて!

…奥山さんはもう、いないと思います…

追伸
遭遇した瞬間から
私の中の血液が逆流しそうなほど感激してました(^^)

メナージュケリー・ブログ読者の皆さま
私の拙いブログにお付き合いくださり
いつもありがとうございます(^^)

久しぶりの
衣通姫セミナーを開催決定致しましたので
お知らせさせていただきます

今回の講師の方は
子供地球基金の創設者、代表 鳥居晴美様
8738BFE2-6E51-4499-9F09-C2B1848EA0A1
長年の功績が認められ
ノーベル平和賞2018にもノミネートされています

素晴らしい方をお迎えしての
セミナーになります

少し長くなりますが
衣通姫セミナーについて
そして、
セミナーのご案内をさせていただきます
ぜひ
最後までご覧下さいね(^^)

まずは
こちらから…

衣通姫セミナーとは、
~内側から美しさが輝く
現代版 “衣通姫” をめざして~

と言うテーマのセミナーを大切に大切に育てています。

”衣通姫セミナー”の由来…..
はるか昔の日本の歴史について記された古事記や日本書紀に、
“衣通姫(そとおりひめ)” という絶世の美女の名前が記されています。
その名前の由来は、美しさが衣を通して輝いていたからなのだそうです。

女性として生まれ、育ってきたのですから、
「美しくありたい」
「今よりもっと美しくなりたい」と
感じるのは、ごく自然のことであるように思います。
身につける服やアクセサリーを選びに選び、
髪型にもこだわり、
メイクも研究し、スキンケアにも意欲を燃やし……。
でも、そうした外観磨きだけでは本当の意味での
「美しさ」には届かないということを、
年齢を重ねるごとに、強く感じてきました。
知性や教養、そして所作の女性らしさを身につけ、
凛とした佇まいから、内側から、
美しさが光を放つような女性でいたい……。

そうした想いから『衣通姫セミナー』と名付けました。

セミナーには
私が実際にお会いし、お話しを伺い、
自分自身もが納得し
尊敬申し上げる
素晴らしい講師の方をお招きしての
衣通姫セミナーとなります。

そして
9月5日(水曜日)
『衣通姫セミナー』の開催が決まりました。

今回、お招きする講師の方は
特定非営利活動法人 子供地球基金
代表 鳥居 晴美様 をお迎えします。

鳥居 晴美様 プロフィール
息子の為に幼稚園を探すが、納得できるところが見つからず、子どもしか持ち得ないような発想、創造力を発揮して、伸ばすことのできるようなカリキュラムを取り入れたユニダインターナショナルスクール(幼稚園)を創立。幼稚園では、子どもたちが地域のゴミ拾いをしたり、老人ホームに歌いに行ったり、ボランティア活動を行った。その中の活動が発展し、NPO子供地球基金を1988年に設立。世界中で子どもたちと絵を描くワークショップを行い表現する事の大切さを伝えている。クロアチア、ベトナム、カンボジア、東北など世界12カ所に、孤児院や貧困地区の小学校等の役割をするキッズアースホームを設立。また、世界中の子どもたちのメッセージを伝える為、国外ではフランス・ポンピドゥーセンターを始め、ロシア・プーシキンミュージアム、アメリカ・ワールドトレードセンター、国内では森美術館、サントリーミュージアムなど、世界3,000カ所以上で展覧会を開催。
1989年、世界中の言語を提供する株式会社イスト(ナレーション、通訳、翻訳)の経営開始。2005年、カンボジアの貧困女性雇用促進のための、フェアトレードドレス FENTONを開始。現在、渋谷区恵比寿に店舗を構える。
その他、オーストラリアで8年間の幼稚園経営、アメリカ・ロサンゼルスにてマーケットリサーチと空間プロデュースの会社を10年間に渡って経営。
2016年5月には、Woman Innovation of the year 2016 の社会貢献部門、
2018年3月には、リヤドロ ウィメンズアワード2018 を受賞。

そしてこのほど
2018年 ノーベル平和賞ノミネートされました

日本のみならず世界の子供たちのサポートをする為に
ご自身も現場に出向き活動されるお姿に深く感銘を受けました。
東京、京都では毎年チャリティーパーティーが開催されています。名古屋の皆様にも、子供地球基金の存在をお一人でも多くの方々にお知らせ出来たらと願います。

セミナーでは、鳥居晴美様より
子供地球基金の始動動機、
活動内容やステキな旦那さまとのエピソードなども交えて
お話して頂きます。

お近くでお話しを聞き
また、お話し出来る貴重な時間を
皆様と共有出来たらと考えます。

ご一緒に内側から輝きを放てるような現代の衣通姫を目指しましょう。

参加費の一部を、
子供地球基金にDonationさせて頂きます。
皆さん、ぜひこの機会にご参加ください。

日程ー9月5日 水曜日
場所ーオーベルジュ ド リル名古屋
愛知県名古屋市中村区名駅4-7-1
ミッドランドスクエア 42
時間ー11時30分~14時30分
会費ー10000円

FBをご覧で参加希望の方は
メッセージでご連絡ください

ブログをご覧の読者の方々も
ぜひこの機会にご参加下さい。
お申込みは
こちらのアドレスに
お名前
電話番号と
件名には
衣通姫セミナー参加希望と書いて頂き
参加表明をお願いいたします

dap4618@icloud.com

折り返し私から連絡させて頂き
お振込み先をお伝えいたします

お振込みが完了したら
参加受付を承ります。
また、キャンセルにつきましては
9月3日までに
ご連絡下さいますようにお願いいたします

【2018 08/01】

昨年7月にNew Yorkにオープンした
MIFUNE New York!
一周年を迎える日に
タイミングよく伺うことが出来ました!
7B782D91-9812-4ECE-961E-A331A98E5734

料理のコンセプトを統括するのは
35歳未満のシェフが参加できる
日本最大級のコンペティション
「Red U-35」で2014度優勝した
吉武広樹氏!
パリのレストラン「Sola」の
オーナーシェフとして活躍し
ミシュランの星を獲得された
日本の期待の星なんです…って皆さんご存知ですよね(^^)

そして!
“MIFUNE New York"の
厨房を任されているのは
島野 雄ヘッドシェフ!
島野さんは神戸出身なの(^^)
New Yorkにいらっしゃる前に
偶然にもポートピアホテルでお会いして
ご挨拶いただきましたので
いつかは訪れたいな〜と思ってました

オープン当初は
何かとバタバタするかと思い
昨年はNew York旅の際はあえて
予約は取らずにいました

だから今回、訪れることが出来て
とっても嬉しいのです

島野雄シェフはね
辻調理師専門学校を卒業後
料理人として13年間渡仏
2013年からは、
パリのミシュラン三ツ星レストラン
「Guy Savoy」で
シェフ・ド・パルティとしてメインコースを担当されてました
フランスでもその実力は認められる存在だったのですね(^^)

こちらはメニュー
レザーの厚め感が
レストランの格を表す感じ(^^)
6701F2B7-8584-4D56-BBAB-F29012C9D767

店内は
白木であしらわれた壁や柱
棚には升がオブジェとなり
凛とした日本のイメージは
New Yorkerにはたまらない雰囲気なのかもしれないですね
8DE58BE9-20BA-4D16-B814-2FB5EEB3B4B2

ワインリストをパラパラと見ましたら
なんと、
F7C2B0D6-EB1F-4DFA-8B4E-7580151AA1D9
ここにも"Ch-igai-Takaha"SONO"が♡…園だ!
New Yorkでまた出会えるとは
すぐにオーナーの杉本ご夫妻が頭に浮かんできました!

JALの機内でたっぷり頂いたばかり(^^)

そして、
いただいたお料理は
一周年記念の特別メニュー
この一年人気のあったお皿を
コースメニューにされていて
おススメされたので
そちらにしてみました
3CC9EE9E-B987-46A5-A8A7-51BF175FE5E0

A6C50DE0-9896-4CAC-B4BF-7D9A2E086123

FE96AA90-3A05-4386-B032-5D22478EFE2B

870D16C2-6AF1-4AD8-8A18-DB4CC2A7CD9B

0CDED7AA-0BA4-4931-902E-A168724A61BF 552BCB7A-D0F9-480E-BD94-E9CFA96627FB

86700566-B677-445F-89AE-5CD0A748A92D

私もNew Yorkはもちろんですが
まぁまぁ
世界中を食べ歩いてますが…序の口でもっと凄い方もいらっしゃるはずとわかってのことです(^^)
New Yorkで
上質な食材を使い
日本人シェフの繊細な部分と
フランス料理が上手く融合され
New Yorkに合う大胆さも兼ね備えたお料理に
マンハッタンの真ん中で
感動しました(^^)

New Yorkに行く友人がいたら
ぜひら?おススメしたいお店が
また、増えました♡

今のところ一位に浮上!

ボスとも久々に再会で
満席にもかかわらず関西人どうし
話が盛り上がって
未来展望やNew York事情など
たくさんお話しくださいました(^^)

頼もしくも逞しい
まさしく若き侍!の雰囲気を感じます!
勢い感じたわぁ〜

そんな
息子のような島野シェフと
記念のsnowでパチリッ!
588D3882-12D8-4AF4-8792-71F4332ED4BE

星降る夜が訪れる予感の
New York Nightでした♡

2001年9月11日…
ニューヨークで同時多発テロの悲劇が起きた事は
世界中が忘れえぬ過去の現実。
ニューヨークは深い悲しみに包まれ、
経済的にも大きな打撃となりましたね…
あれからことしで17年

前回、New Yorkを訪れた時は
メモリアルミュージアムを見学しました
この辺りはまだ、工事中でしたが
今回は見事な復活を果たし、
light upされた
夜のワールドトレードセンターに
足を運んでみました

0F1082D2-5D4D-426D-AACB-DAAFF01FDA71
以前はオフィス街のイメージが強かったのですが
911あとは、レストラン街やショッピングモールなとが
立ち並ぶ商業施設へと変わりつつあるみたいです

可愛いモニメントまで登場していました
6A26324F-85CC-4755-AAF1-618D52EC5915

あたりは綺麗に整備され洗練されていました

綺麗、楽しい、美味しいと思うだけでなく
ここで
沢山の尊い命が奪われた事は
忘れずに
追悼の意を込めて
日本人らしく手を合わせてきました

月日の経つのは早いですね…
9月…もうすぐですね…

行こうか…どうしようか?…
迷いに迷いながら
せっかくだから
行ってみよう!って言うことで
New Yorkから飛行機で1時間半程
バッファローに到着!

ナイアガラの滝までの道のりを
1時間弱、バスでゆらゆら…

ナイアガラの滝は
船から見るそうなので
船着場まで歩いていきます

わぁ〜!
川の色がエメラルドグリーン
4249E8F8-A87F-40FF-8D59-DE625FCF6E6A
吸い込まれそうな透明感ある美しさに
嫌々だった気持ちが
一気に晴れ晴れ!

これは写真でよく見る景色…げ、現実なのね(^^)
早朝の飛行機搭乗でしたから
眠かったのですが
眠気も一気に吹き飛ぶ勢いです
248DAF10-C779-4476-985E-B8BF5CD07CCD

船着場では"カッパ"を手渡され
船に乗ると着るように指示され
とりあえず、、、、、
こんな感じに(笑)
2CA1D6C0-BD4F-4E06-B632-5A0D3F406EBC
ブルーのカッパはアメリカ側の船
赤いカッパはカナダ側からの、船と
色わけされていました

滝近くでは
とにかく水飛沫で
皆さんビショビショ…
私は床を見て
水のかかってない場所に
ひっそりと佇んで滝まで待ちます(^^)

歓声が上がってきたので
ヒョッコリ顔を出すと

わぁ〜〜〜

ナイアガラの滝…本物だ…
A23B53C0-D186-4C90-B90D-2948835C8A98

花火では、見た事あるけれど
ほんとにこんな感じなんですね!
9C2B570A-5D06-49E1-93B4-C9A75279089F

季節の良い時に訪れたので
風も良い感じで吹き
川や滝の水が美しいエメラルドグリーンでした

夜には花火も打ち上がるとか…
それは、また観てみたい!

雪解け時期には
グレーの滝になるそうです
秋には紅葉も色づき
ベストシーズンなんですって!

迷ったけれど
来て良かった(^^)

一度は観るべき絶景かな(^^)

chieko’s New York Life styleブログの途中ですが

New York connection chairpersonの
松尾 通さまに
帰国後の報告を兼ねて
ご挨拶に伺わせて頂きました
04565A8E-5AB1-4333-AADD-EAF4FB908D07
松尾会長さま
白がとってもお似合いでした(^^)

10月にはNYC秋の会が開催され
ゲストスピーカーには
リアドロジャパン代表 麦野 豪氏をお迎えし
講演をして頂きます

ちなみに前回、春の会は
北方謙三さまに
ご登壇頂きました

New Yorkをこよなく愛する人
New Yorkに憧れているかた
New Yorkに行った事は無いけれど
New Yorkの魅力に惹かれる!って方々がメンバーの
私も大切にしている素晴らしい会です♡

【2018 07/28】

ディナー後の余韻を感じながら
レストラン近くの
マジソン・スクエア・パークあたりを
手を繋いでお散歩♡

C24F73C2-64A4-4C85-B1C4-C00A03BC39C0
どこを見ても
魅力溢れるNew Yorkに酔いしれます

こちらは
116前に建てられたビル
この時代の日本は
西洋文化が入ってきた頃かな?
なんて会話もしながから
ビルの柄がヴェルサーチだ!とか(笑)

わぁ〜!
この角度からは初めて見るかも?
A6FD75E5-E7E2-4578-BC49-57B938F8477F
雲がかかって幻想的!いい雰囲気だから
信号待ちで何気にパチリッ!

ふと見ると…ボスもお写真をパチパチしてる(^^)

そっと近寄って
あれ?
私もまぁまぁ
身長高い方だけど
ボスってやっぱり
大きいのね…と、再確認♡
1C3C24D2-6678-484C-8112-213F3F4B52F8
写真を撮ってる
ボスの背中にもたれながら
パチリッ♡♡♡

New Yorkの度に訪れる
Eleven Madison Park
リニューアル後にやっと伺えました
7422532D-C75A-4537-AE85-31F239CA9D7A

銀行跡をレストランにしていらしたので
以前はコンクリートの
冷たいグレーのイメージの店内でしたが
洗練された白を基調として生まれ変わりました
EB373069-8FA2-42FB-A967-E27676881E98
天井の高さは変わりないので
美術館の雰囲気を感じます(^^)

テーブルにつくと
シェフからの贈り物と言うボックスがあり
早速、紐を解き開けてみました
1913AB8F-8176-46BE-A39D-F7C75B18A685087FB30D-B74B-437D-8AB9-482FA9ADE339
クッキー?
甘い系?かと思うでしょ?
口に入れたら
クラッカーにチーズでした

次に、これはお茶で
藁の先に付いた緑がティーパックになってます
たべるのかな?
と、迷ってたら…
食べないで!と言われたみたいです!
説明を聞いてなくて
危うく口に運びそうになりました^^;
9E96E2DD-D097-44CA-AA35-A1083257E024
ハーブティーの感じ

これは
春巻きイメージしてください
D2288E03-6BEC-4E40-A46B-9BE92534AA7D 327D65EB-5DD0-4CBD-9AF2-D8D09E4AE425
クリームチーズとベジタブルソースをディップします

化学の実験かと思うような
"décantage"セットに興味津々
BBF444D9-057E-4D30-AB34-2D908E17980C
中世の拷問器具みたいでしょ?(笑)

トマトのサラダ
3458D3A9-15B0-40C3-BBA8-6C35664A031F
トマトが甘い(^^)

んふふ。
これは美味しかった!
スフレにキャビアを乗せてくださるのですが
EEF8A61C-967C-43D1-9004-238BB3A4B0D9 5272B15E-C27B-49B7-B429-AE019EB65CCD 7A18A156-67BF-4856-94F0-877D0702CB68
工程が面白くて動画を撮ってましたよ(^^)
出来上がりがこちら

スフレの柔らかな甘みとキャビアの塩味が
絶妙〜
25E5EC7C-54D8-4B2B-957D-89DBBDED3263
何度もいいますが、これは美味しかった(^^)

こちらは、パンとバターに岩塩
6E6D692C-CA54-4915-AAA5-4EA225066DB6

フォアグラ
34965C08-C8E4-4FA9-8C23-D5E662966ECF

こちらもフォアグラ
FA665E45-15B6-4C50-B641-093FBB9823B6

ホタテ
C3CEDDCD-F299-4F12-8B0C-E16083B447E6

テーブルで網焼きです(^^)
焼き鳥を彷彿させてます!
8E911BBC-041F-4F7C-B1EE-AA1F83E86F4B
鳥の油が焼ける芳ばしい薫りが
食欲を増進させてくれます

焼けたお肉は葉っぱに←何の野菜か忘れちゃった!
パプリカと包んで頂きました
82179673-E2FA-4E4A-BEAA-05F48D05047A
エスニック系かと思いましたが
日本の焼き鳥です(^^)

メインは鴨
3BBE9927-907A-4EE5-90DB-490712E0EE86

デセールは
アップルパイ
45AEFA38-637E-4E74-A393-4264AF5B727A F1BDAAA1-6CEB-4436-A8C6-A4B616BB3E06
チョコフォンデュ

最後は
New Yorkの アップルブランデー
7DDF2BDD-2007-46B9-98C9-B48A9B17F3C2
チョコプレッツェルと一緒に(^^)

全てのお料理が済むと
お土産にフルーツとナッツたっぷり入った
シリアルと丸い缶に入ったメニューを
頂きました
6FDE8CCA-5ACC-4FF5-9201-D158223F7D86

ディナースタートが17時でしたから
19時30分に終わりました

外がまだ明るかったので
タクシーをみつけるまで
少し歩くとしました♡

【2018 07/27】

New York、Central Park近くの
三ツ星・Parseに今回も伺いました
0A3DBE6A-FE16-4259-868A-2C51FE687991

New Yorkのレストランは
エアコンがとっても効いて
寒すぎて、ブランケットをお借りするのですが
Parseではね
5F24CADB-E736-4D35-9FEE-887D92A34D71
jewelryが入っていそうな
Boxを目の前で、パカっ!と開けてくださり
カラーバリエーションが豊富な
カシミヤのストールをお好みのカラーで
チョイスします(^^)

私はゴールドのワンピースでしたから
イエローカラーのストールにしました

…前はピンクやオレンジ、パープルとか
本当にバリエーション豊富だと思います…

お料理はもう何度もアップしてるので
レストランからの眺めにしてみますね(^^)
12700F39-1B3C-488C-9D07-D217620018EC
ディナーは18時〜
この明るさで
20時くらいだったと思いますが
目の前に広がる
Central Parkの緑に癒され
お料理と会話にワインを楽しみました

帰り際には、
マネージャーさんが
また、キッチンにご案内くださいました
E199751A-1160-4F1E-A6DB-41DFAFF8595F

あれ?
今回はキッチンのモニターは写ってません
前回はモニター画面に
フレンチランドリー厨房が写っていて
営業中であれば、シェフが監視?と言うか
New Yorkの様子を見ていられる様にしているのだそうです
しかし、今回は
フレンチランドリーが営業中ではない為に
画面が真っ暗に(^^)
5F0B3410-2D0B-49B5-803B-BA2F26C1F516

続いてワインセラーにも案内して頂き
3000本は置いてあるそうです
173D2E96-21AF-4E9D-B307-AA48B2E3EE5B

奥にもならんでましたよ〜
9714E78A-8905-4C7B-AD24-23261A80F70C

せっかくだから
マネージャーさんをsnowでキャッチ!
D757EDF1-7C0A-414E-87EF-231ACC499E56
お写真を見せたら
凄くウケてた(^^)

旅先で、出会える人、物、景色、そして食!
人種の坩堝のNew Yorkでは
様々な国のレストランがあるようです

興味深いでしょ?

初日は、普段は選択肢にないモノを
食べに行く事にしました

ホテルからタクシーで6.7分の場所です

外観はカジュアルな雰囲気ね(^^)
28ECF56D-06AE-4D58-8351-033DFA8086BB

店名は
《Khe-Yo》…発音が難しくて言えなかったw
668AD0E2-0B06-48D3-8810-F995B7D05A29

ミシュランご推薦のレストランみたい!
04D76A7C-73A3-4933-92EA-05ED347A6EEF

早速、店内に入ると
DCD25AD7-C4B0-44D1-B94A-48F5A45B574F
カフェっぽく
中は結構な広さです。

いらっしゃるお客さまは
見た感じは、地元っぽい方ばかり(^^)

テーブルや床はウッド系〜
AB3D4BC4-BA8F-4DAB-844B-5A7E76FFF75A
温かみがありますね(^^)

メニューを見たのですが
材料はわかるけれど
それをどう料理してあるかがさっぱりわからない!

だから
オマール海老はわかったからそれと
ヌードル…ってあったから
それにかけてみました!

お食事前には
全てのお料理に前菜として
"sticky rice"が付いてくるそうです
ラオスではガオラォって言うらしいけど

何の事かわからないから
調べてみたらなんと!
"ヌルヌル米"とありました…

えっ!
ネーミングに違和感…
現物を見る前から拒否感を覚えちゃう感じ…

と、そこへ
"ヌルヌル米"登場!!!!!

これが、それね!

ん?
見た感じはお米?
7CCF9EA9-F559-4784-8D05-272AF99D8685
野菜のペーストと赤いスパイシーなソースを
お好みでどうぞ。。。と説明されて
恐る恐る
二、三粒を口に運んでみてたら

なんだ!もち米じゃない?(^^)

ヌルヌル米の正体が分かったら
赤い相当スパイシーなソースをつけて
結構パクパクと頂いちゃいました!

あれだけ拒否感あったのに
ほとんど完食…

お茶碗2杯はあるよね?

あれ?

これ前菜だよね?

みたいなことになって
既にお腹が満腹に…

とか、盛り上がってたら

オーダーした
オマールのなんとかかんとかが運ばれて来ました
9E629FBE-4E01-46BE-B61B-8F7D3DD548A1
これはね
ビスクスープに殻付きオマールがたっぷり一尾
入ってたの
オマールを食べてから
残ったスープに
無くなりかけのヌルヌル米を入れて
食べたらこれがまた美味しいの(^^)

そして
なんとかヌードル
2DE6D357-B741-44C2-9299-962870C62571
見た目は茶系の塊に野菜が高々と盛られていて
日本のきしめんみたいな平太い麺を
オイスターソースかな?
野菜たっぷりで炒めてありました
ちょっとだけ甘めの味付けでしたから
ヌルヌル米に付いてきた
赤いスパイシーソースを入れてアレンジしたら
バンチが効いてまた、美味しい〜

全てのお料理は
ファミリースタイルの食事で
シェアして頂くスタイルだそうです
スタッフさんがとっても親切で
初めて伺った感じがしないほどでした(^^)

そういえば
ラオス料理に
GORILLAも一緒でした(^^)
81AB7E5D-F53B-4B95-A6A9-01AFB87871EE

帰り際にBARコーナーに行くと
気取ってなくて”COOL”
02D666C1-7AD5-46FF-852A-2D9253360C84

初ラオス料理はいろんな意味で
印象深い思い出となりました(^^)

kelly
ami-net
beauty-career
hairmag
ngc88
opi-rina
odekake
キューピー3分クッキング