メナージュケリー
メナージュケリーブログ 美クトリアンスナップ menageEXPRESS 「ケセラセラ」 バックナンバー
山村知枝古
主婦。成人した3人の子供達のママ。母、妻として家族とのコミュニケーションを楽しみながら、女性である事を忘れずに、インスピレーションのアンテナでライフスタイルを満喫。週に5~6回のwork outで、ボディメイクを心がけています。
HOME  >  プレミアム読者モデル・ブログ  >  山村知枝古  | 読者ブログ  >  誰も真似できない全力投球@ラ フィネス

自称・天然危険物…と仰っている←この意味は深いです!
杉本敬三シェフさまのレストラン
ラ フィネスに久々に伺いました(╹◡╹)
C99CC13E-B0BE-4F0E-BF28-A429EFE880FA

訪れたことがない方の為に
店内のお写真です

スタイリッシュ&エレガントな空間になっています
6B4B4E00-A012-4EB3-9F6C-F5294561FCBF

年明けはじめての来店となりますが
先日、杉本シェフさまのFBに
"しらかわ"を入荷した!
との投稿を見ていたので
運よくば口に入るかも?と
期待して伺いました
F4F28C46-929D-4BEF-B0B6-819D67F942C6
嬉しい〜
メニューにありました(^^)
…メニューはメインとなる食材だけ記載されてます…
だからどんなお料理かは、テーブルに運ばれるまでの
お楽しみなの(╹◡╹)

この"しらかわ”は市場で最高値で
杉本シェフさまが競り落とした品物なのです!

"しらかわ”がどんなお料理となるか
期待を膨らませながら…

早速、一品目の
"野菜"
9539297E-1F18-4950-9CF3-12AA22E419FD F807418B-4E40-4BBE-BBB2-084DED945CFF 362BD932-2314-494C-96E2-3A70AFC2E5D2
山形県鶴岡の無農薬野菜を
天城シャモのコンソメで炊き上げた
温かいサラダ仕立てになっています
下に見えるソースは野菜に火を入れたときの
キュイッソンをルーでブルーテに仕上げたソース。
ここに、白センマイはしっかりブイヨンで煮込まれ
カリカリ食感に!
特上上ミノは塩で軽く炙ったたたきになり
動物性たんぱく質が加わり
豊かな深みあるサラダになっていました
サラダですが、赤ワインを合わせてくださいました。
…キュイッソンとかブルーテとか素人には
聞きなれないワードでしたが調べて知識となりそうです…

そうそう
フィネスでは一品に1本〜3本のワインを
お料理とのマリアージュとして
飲み比べもさせてくださるのです

黒トリフ
フランス料理らしいフランス料理!
0CD603D6-D3CC-4CE9-9E5E-0ABFCB90A7DE 3104D47D-DA4A-4D24-AE65-D288DC3F86D9 908C989F-B07C-4365-8864-E75AC65AA72B
ブレス産シャポンのモモ肉とフォアグラと
サイコロに切ったトリフをキャベツで包み
網脂で巻いてオーブンで焼き上げてありました
ソースはしっかり煮詰めたコンソメに
根セロリピューレと一緒に頂きます

…杉本シェフさまのお料理のお写真は
今時のインスタ映えではなく
旨み重視ですから
見た目だけでは
香りや美味しさが伝わらないのよね
足を運んでみてはじめて
フィネスの凄さが理解できると思います♡…

海うなぎ
B08A3EA5-C21C-4575-A5FD-928B9ADE6C9F C4D6D244-D9C2-47C2-8D1E-DACEE7C9285F 7442944E-9005-42E7-9D45-B88E4983F484
絶滅危惧種にしていされてもおかしくない
唐津沖の海うなぎをいただくとは貴重な体験♡
海のうなぎですが全く臭みがなく
海に戻してあげると言う意味で
ウニのミネラルと海の香りで海感アップ!

海とウニ…似ていますがちょっと違います…と
言いながら笑う杉本シェフさま
8C850605-16A5-4D77-B0AC-0C98C2795A84
ダジャレも頂きました( ◠‿◠ )

少しのワサビがアクセントになってました

来ました!
"しらかわ”
徳島からの3.5kgの"しらかわ”は
京都の料亭が喉から手が出そうになる至高のお魚
7E24AFFF-7D7D-4A41-8C2A-19BE7DC9D97A E004F359-727E-4FED-B838-CBED1413F689
フィネスには珍しくシンプルに
トラフグの白子を混ぜた爽やかに仕上げた蕪蒸に
ハマグリを合わせてあります。
まずはスープやしらかわをそれぞれ頂いたあとに
0D92E921-6EAA-45D2-A589-2E91B3AD0D57
蕪蒸をスープと混ぜてみぞれ状にして召し上がって下さいと

混ぜるジェスチャーをしながら解説する杉本シェフさま

メインはミルクラム
61170316-DF62-462C-81B3-50484C5171DC E8BE82B8-735D-4A99-9409-2B14DFE7DFB0
杉本シェフさまにとって
ミルクラムの最高の部位は前足だとか
よく火を入れて
独特の食感と独特の香りを楽しませて頂きました
白菜とキャベツとベーコンをコトコトと
よく煮込んだ付け合わせは
甘みと香りがミルクラムを引き立てました
半生とか色味重視の最近の料理とは
真逆の"うまみ重視"の
お料理となっていました。

22A7363E-1124-4055-89C7-237BDFD839D7 D47D22B9-6BFA-4520-9C46-02C747ABDBA5 B0351562-8E98-45F7-99EC-94CCECCEC8E4

だいたいメインの終わりには
お腹の満腹具合を尋ねられるので
まだまだ行けそうって伝えると
1B962229-BDC6-46F8-9B32-84850168A3F3
こんな感じで
フィネスブランドの箸箱が目の前に運ばれてくるのです

フィネスでは
〆ラーとして、フィネス特性ラーメンをいただけるのです
09F0476A-779F-4C1B-AEAA-EBC0BD96E4E3 5F095F08-69A4-4FC1-9B5D-6318B0E797E9
この日は、豚骨ラーメンでしたが
スープに注目してください!
こんなに澄みきった豚骨スープがあるのですね

とにかく、一般的な普通のお料理は
フィネスでは、お出しになりません
手を加え、時間をかけて
杉本シェフさまの
感性と感覚で一味も二味も
それ以上のお料理となり感動を頂けるのが
フィネスでの醍醐味なのです

誰の真似でもなく
見たことも、食べたこともない
フィネス風のお料理と
お伝えしておきますね(^^)

コラーゲンたっぷりのスープに
鰹節、昆布の旨みも溶け込んでいました
鹿児島産の筍とアワビで
優しさを添えてありました

アンリジローのブランドノワール
116C1ABF-CF60-4FFD-8284-57E69714C5D9
鰹節に不思議とよく合うのだそうです

チーズは欲しい方だけですが
もちろん
頂きましたよ(^^)
56258653-4449-42A3-A7C9-15CA2AED027A

洋ナシソルベ
C24F6286-2D40-4D2D-B45C-7A16BE67B92B 06F55DE6-A78E-465A-8E61-F7FBFC45E75B

チョコレート
BAD322CD-9895-4B75-919C-43664926AF51 CF653B81-25E7-4918-9342-8030F4ABAAD1 DF641FBC-9A27-4BF0-8D25-0FDE256C197D
出来立てのモワルーショコラと
調理場でまわしたての
タヒチ産タヒチ種バニラのアイスクリーム
盛り付けは
目の前でシェフ自ら
トリフもスリスリして
仕上げて下さいました

最後の最後まで
2FFBC784-3A80-4A68-B3FD-F37C86C43A37 CAEF06AC-AB8B-4671-BE8F-47BD9FFD66F6
手抜かりなくのおもてなし尽くし

ミニャルディーズ
B02B20CE-A331-4779-ADE5-94F6C23542F3

杉本シェフさまのフランス料理は
最高級の食材で最高級の状態に仕上げてくださいます
今時のインスタ映えする見かけだけ良い料理とは真逆で、
見た目だけではわからない
お料理のクオリティの高さや
追求されたテイストに
訪れて味わってみない事には
ラフィネスの杉本シェフさまの
料理の奥行きと存在感を感じる事は
出来ないと思います

お料理に合うワインも
杉本シェフさまが自らフランスで買い付けられる拘りで
ペアリングは絶対、おススメです!
食材を知り尽くされてますから
お料理とのマリアージュは間違いないのです

お値段が高いものが
何にでも合うか?と言うと
それは、ありえないことで
やはり食材、お料理に合うものが
ディナーやランチを引き立てる事を
杉本シェフさまから再確認されされました

お食事が終わって
杉本シェフさまに
料理とは?と伺いましたら
"命を繋いで行く"
と、お答えになりました
肉や野菜の命を人に頂き繋いでいく…と言う意味だそうです

古典を大切にされ、類稀な感性で
食材を分解そして再構築を経て
素晴らしいお料理となるのですね

そりゃ
天才シェフって言われるはずですね!
天然危険物もこうした意味合いもあると
私は考えます

お料理を作り
お客様のテーブルに運び
お料理の説明
ワインも自らサービスされ
お一人ずつと向き合われる
…そんな事が出来るシェフが
ラフィネスの杉本シェフさまです…

それが「レストラン ラ・フィネス」です。

追伸
大満足な、ディナーの翌日は
ラ フィネスでランチの予定♡
…12時間後くらいに再来店です(╹◡╹)…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

kelly
ami-net
beauty-career
hairmag
ngc88
opi-rina
odekake
キューピー3分クッキング