メナージュケリー
メナージュケリーブログ 美クトリアンスナップ menageEXPRESS 「ケセラセラ」 バックナンバー
山村知枝古
主婦。成人した3人の子供達のママ。母、妻として家族とのコミュニケーションを楽しみながら、女性である事を忘れずに、インスピレーションのアンテナでライフスタイルを満喫。週に5~6回のwork outで、ボディメイクを心がけています。
HOME  >  プレミアム読者モデル・ブログ  >  山村知枝古  | 読者ブログ  >  ALINEA・ギャラリー編
【2016 09/06】

Chicago目的は、全米トップ予約困難

シェフ世界一位長者番付に輝いた
オーナーシェフ、GRANT ACHATZ
(グラント・アゲッツ)氏率いる
レストラン ALINEAに伺うことです。

”ALINEA”に続き ”NEXT”、”Aviary”と
Chicagoに3店舗あります。
ALINEA 2回!”NEXT”、”Aviary”と伺う予定です。

2ヶ月前から予約開始。
世界中からアクセスがありますから
早々、満席になります。
だから、予約は至難の技!
よく、予約が取れたものだと……
ボスに感謝m(__)m感謝m(__)mです♡

到着初日はALINEAに伺いました。
image
入り口には看板もなく、住所だけをたよりにタクシーに
お任せしてたどり着くのです。
ドアマンがいらっしゃるから入り口は、わかりましたが
わかりづらい〜*\(^o^)/*
あっ!
image
VALET parkingの小さな看板はひっそりと
置かれてました(^^)

予約時間に遅れないように!と
アナウンスされていたので、到達早速店内に入ります。
image
レストラン・アリネアの中には、
キッチン横のガラス張りの6人グループ一斉スタートの個室と
14人一斉スタートのギャラリーと言われるテーブルと
image
二階には、salonと言われるフロアーで
お料理の提供数が少なめの、お席がご用意されています。

初日は14人一斉スタート21時30分スタートのお席しか空きが無くそちらを予約してありました。

image
天井には、ペイントされたプレートが飾られ
雰囲気は割と殺風景な印象です。

皆さんお時間を守られて無事、スタート!
メニューは14品。
まずは、キャビア
image image

これを頂いたら、全員でキッチンに移動。
image
カクテルをカウンター越しに目の前で作ってくださいました。
image
ピンチョスと一緒に頂きました。

そして、先ほどのフロアーに戻ると
image
テーブルのレイアウトが!!!
長テーブルだったのが
グループごとに分けられていました。
これは予想もつかずの感動でした。
テーブルには、なかったはずの柑橘類が置かれており
目に鮮やかに映えていました。
image
次のお料理はイエローのタイトル
image
お箸も黄色に統一。
お料理と共になんと、
テーブルの柑橘類に、なにやら液体を流し込むと、
image
ドライアイス効果でモクモクの動くテーブルクロスの様。
しかも柑橘類のアロマ効果が凄いの!
柑橘類の絞り汁を液体窒素で凍らせて、
演出なさってるみたいです。
image image
お料理の発想は素晴らしい!
image

トーストのタイトルのお料理は
image
カリカリトーストにチーズをのせたトリフで包んだもの。
見た目は磯辺巻きですね(^^)

次は、テーブルで焚き火がはじまりました。

image
八角や木の香りでこれもアロマ効果あり!
image
これは、南の島のお料理の印象。
タヒチとかの海辺でライトアップされた
テーブルセッティングの中で頂いている イメージでした。

次はボーンのタイトル
image image
大きな骨に盛り付けられていました。

そしてデザートは

image

なんと、風船を手渡されました。
これは、飴細工の風船の中にヘリウムガスが入っていて
飴の風船に口を付けて中のガスを吸う!
…と、どうなるかわかりますよね?*\(^o^)/*
声がおかしい〜(笑)
周りのテーブルからも変な声の歓声と笑い声で
笑いの相乗効果で盛り上がりました。
…童心にかえったように♡…

少し落ち着いたところで
まぁまぁの大音量の音楽が流れ出来たと思ったら
照明が、消され
image
天井にあったペイントしたプレートが
一枚づつ外され、各テーブルに置かれはじめました。

プレートが、セットされると、
数人のスタッフが各テーブルのプレートに
テンポ良く、入れ替わり立ち代り
それぞれの材料を盛り付けてる?らしい。

テーブルから着いたりはなれたり。
image
暗くてわかりづらいかもしれません(^^)

盛り付け終わると、照明が点灯され
そこには
image
ペイントのタイトルのデザート。

この時は拍手喝采!
指笛を鳴らす方もいらっしゃるほど盛り上がりました。

スタートからデザートまで
ショーを観ているようで、アッと言う間の
4時間コースは終わりました。
気づけば午前1時30分…眠いです。

この日はオーナーシェフは不在でしたので
マネージャーのJohnさんとご一緒にパチリッ!
image
お料理をみると、日本にかなり影響を受けているような
イメージをうかがえました。

パフォーマンス性に優れた貴重なレストランに
触れ合えた時間となりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

kelly
ami-net
beauty-career
hairmag
ngc88
opi-rina
odekake
キューピー3分クッキング